« 6月23日の国民投票 | トップページ | 路地裏の経済学者 »

2016年5月 8日 (日)

少し前の常識がだんだんと通用しなくなってきている

本日発売の日経ヴェリタスに掲載された「Money Never Sleeps」の第12回。

ほぼ月1回のペースで連載しているものです。

                        Nv

こんな感じで始まります。

「米国に出張した時、知人の米国人宅に招かれ た。 

夕食をご馳走になりホテルに戻る途中、私が運転する車をパトカーが執拗に尾行し始めた。 

翌朝、そのことを知人に話すと、この辺では珍しい車だったからでしょうと言われた。 

私が空港で借りた車はフルサイズと呼ばれる2500cc くらいのごく普通の米国車だったのだ が、それがいけなかったらしい。 

富裕層が多く住むこの地区ではベンツやBMWなどのドイツ車や日本のレクサスに乗る人が多い。 

もちろん米国車に乗る人も多いのだが、その場合はたいてい SUV (スポーツ型多目的車)か、もしくは電気自動車のテスラが選ばれる。 

フルサイズの米国製セダンは、高級車のキャデラックやリンカーンを除けばほとんど見かけない。 

もっとも私を尾行したパトカーの車種 も、実は同じく普通の米国製フルサイズ ・セダンだった。 

しかしこの町では、私の車とパトカーくらいしかこのタイプの車は走っていなかったのだ(少なくとも 深夜には)。  

警官にしてみれば「不審なよそ者」がやってきたということで、尾行することに したのだろう。 

次回空港でレンタカーを借りるときには慎重に車種を選ぼうと思った」

少し前の常識がだんだんと通用しなくなってきている米国。

その裏にあるものはいったい何なのでしょうか。

続きはヴェリタス紙面でお楽しみください。

|

« 6月23日の国民投票 | トップページ | 路地裏の経済学者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月23日の国民投票 | トップページ | 路地裏の経済学者 »