« 最後の詰め | トップページ | Apple Watch Series 2 を使ってみて »

2016年11月11日 (金)

シリコンバレーからピオリア(Peoria)へ

ダウ平均株価は史上最高値を更新し続けています。

しかし米国の株式市場は、その中身をよく見てみると、上がるものと下がるもの、かなり大きな違いを示しています。

ダウは2日間で475ドルも上げましたが、昨日のナスダックは▲0.8%の下落。

足を引っ張っていっるのは、アップル(▲2.8%)、グーグル(▲3.1%)、アマゾン(▲3.8%)、フェイスブック(▲1.9%)など。

カッコ内は昨日の下落率です。

これは選挙期間中、シリコンバレーの多くの企業がヒラリーを支持し、これに対してトランプが

「アマゾン(本社はシアトル)は独禁法違反の疑いがある」とか

「アップルはもっと米国内で製品を作る必要がある。さもなければ不買運動をする」

などと発言してきたからです。

一方で、トランプは公共投資を活発化させると繰り返し発言してきました

(彼らしく分かりやすい言葉で、「我々は橋を作る、道路を作る、トンネルや鉄道を作る、港湾や空港も作る」と発言)。

ということで、例えばキャタピラーの株価はこの2日間で10.4%も上がっています。

マネーは「シリコンバレーからピオリア(イリノイ州Peoria;キャタピラーの本社がある)へ」と動きました。

|

« 最後の詰め | トップページ | Apple Watch Series 2 を使ってみて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後の詰め | トップページ | Apple Watch Series 2 を使ってみて »