« 北朝鮮の政治日程 | トップページ | シリコンバレーの秘密 »

2017年4月12日 (水)

Steves が面白い

スティーブ・ジョブズものはたくさん読んできました。

ウォルター・アイザックソンの『スティーブ・ジョブズ I と II』

ジェフリー・S・ヤングらによる『スティーブ・ジョブズ-偶像復活』

ケン・シーガル『Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学』

高木利弘『The History of Jobs & Apple 1976〜20XX【ジョブズとアップル奇蹟の軌跡】』

などなど。

映画も『アシュトン・カッチャー主演のもの』

『マイケル・ファスベンダー主演のもの』を観てきました。

そして・・・。

今回読んだのは上記の本や映画とは違って漫画本。

     Steves_2

『スティーブズ』(漫画:うめ、原作:松永肇一)。

この漫画では、物語はいきなり1984年のジョブズの有名なプレゼンから始まります。

ジョージ・オーウェルの小説『1984年』に引っ掛けて、

同年発売となるアップルのマッキントッシュのCMを紹介したスピーチです

『こちら』のYouTubeで、このときの動画を見ることが出来ます。スティーブ・ジョブズ、若かったですね。(注)動画の最初の20秒くらいは音楽だけで暗い画面が続きます。これも演出です〕。

Jobs_2

この後、漫画『スティーブズ』 の物語はすぐに9年前の1975年に戻り、ここから本格的にスタートします。

タイトルの『スティーブズ とは、2人のスティーブを意味するもの。

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックの2人です。

漫画は1巻から6巻まであり、6巻の最後には、また漫画の始まりである1984年に戻ってきます。

つまり1975年から84年までのアップルの物語。

よく出来ていて、小説や映画では味わえない、漫画ならではの面白さを堪能できます。

ところで上記の1984年のジョブズのスピーチは28歳の時のもの。

何度このスピーチを聞いてもジョブズのプレゼンの秀逸さに圧倒されます(たとえば “each” と韻を踏みながらリズミ感良く、たたみ込んでいく話法など)。

話は変わりますが、ジョブズがジョージ・オーウェルの『1984年』をこのプレゼンで取り上げてから、33年。

いままたこの小説が世界的に流行っています(4月9日付け朝日新聞第11面参照)。

ジョブズが知ったらこれをどう思うのか・・。

当時のCMでは、

“On January 24th, Apple Computer will introduce Macintosh. And you'll see why 1984 won't be like '1984.'”

と、うたっていたのですが・・。

|

« 北朝鮮の政治日程 | トップページ | シリコンバレーの秘密 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北朝鮮の政治日程 | トップページ | シリコンバレーの秘密 »