« 2017年7月 | トップページ

2017年8月15日 (火)

ホテル・リッツ

パリのリッツは、リッツ・カールトンのグループ・ホテルの1つと誤解されることが多いようですが、実は今ではまったくの別。

と言っても、源流は同じで、リッツ・パリは1898年にスイスのホテル経営者セザール・リッツらによって設立されました。

一方のリッツ・カールトンは、アルバート・ケラーが米国でのフランチャイズ権を購入することによって始められました(最初のホテルは1911年にニューヨークに設立)。

その後、両者は各々別の道筋を辿って現在に至っています。

現在パリのホテル・リッツはエジプトの実業家モハメド・アルファイドが所有(アルファイドの息子はダイアナ元英国皇太子妃とともに交通事故で亡くなっています)。

一方のリッツ・カールトンは現在ではマリオット・インターナショナルの一部になっています。

        Ritz5_3   

なぜこんなことを書いているかというと、日経の書評欄(8月12日付)で、ティラー・J・マッツェオがパリのリッツについて著した『ホテル・リッツ』の書評を読んだから。

これは仏文学者の野崎歓さんによるものでひじょうに興味深く読めました。

(アマゾンの書評欄の書評(『こちら』)もなかなか面白いです)。

     Ritz

ヘミングウェイ、チャーチル、ココ・シャネル・・・。

リッツを愛した人たちは数多く、それがゆえに1冊の本(それもノンフィクション)になってしまったということなのでしょうか・・・。

     Ritz4 

リッツには、一般のホテル(リッツ・カールトンを含む)で見られるロビーやコーヒーハウスは見当たりません。

このため宿泊客以外はほとんど入り込んできません。

お客さんには出来るだけアット・ホームな感じでくつろいで欲しいという配慮なのでしょう。

     Ritz2

2012年、総額500億円という巨額な費用をかけて、リッツはリノベーションを実施しています(『こちら』)。

リノベーションは4年間という長期にわたり、この全期間、ホテルは完全に閉鎖していました。昨年6月にようやく改装を終えてオープンしています。

     Ritz3

| | コメント (0)

2017年8月14日 (月)

静かなのを好む

"How do I want to be remembered? I'd prefer silence."

『どのように人々の記憶に残りたいかだって?私としては沈黙(静かなの)を好むね』

      Ef_2 

     (From the official Instagram account of Ferrari.)    

生前にこのような言葉を残していたエンツォ・フェラーリ。

フェラーリの創業者です。

1898年、イタリア、モデナの板金工の次男に生まれ、22歳の時にアルファロメオのテスト・ドライバーになりました。

49歳の時に自らレーシング・マシンを開発し、自動車製造会社としてのフェラーリを設立。

1988年、90歳で他界しました。

今日、8月14日は彼の命日にあたります。

| | コメント (0)

2017年8月11日 (金)

45年ぶりのリユニオン

今週月曜日から5日間。

私がAFSで留学した時の留学生仲間が45年ぶりにカリフォルニア州オレンジ郡に集まり、同窓会を実施しています。(昨年の『ブログ』にこの会が企画されていることを書きました)。

地元の新聞が聞きつけて、「世界各国から9人もの人たちが集まるなんて珍しい」と、大きな記事にしました(『こちら』)。

Reunion_3

写真は左から(国名だけを記すと)オーストラリア、グアテマラ、オーストリア、レバノン、アルゼンチン、エクアドル、イラン、ベルギー、スコットランド。

残念ながら私は参加できなかったのですが、9人の仲間たちからは連日のように WhatsApp で写真がたくさん送られてきて、気分的にはその場にいたような雰囲気になりました。

45年前のみんなはどんな感じだったのか。

当時の写真を探してみました。

3_010_1_4

メンバーがぴったり合致するわけではないのですが、右から2人目がエクアドル、(向って)その左(長いドレス)がベルギー、後列、左から3人目がスコットランドです(私は前列左)。

ちなみにこの写真はニクソン大統領(当時)の私邸に招かれたときのもの。

45年も経つと私も含め、みんなかなり外見が変わりました。

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水)

X-Lab Summer Program (その2)

8月2日のブログでご紹介した X-Lab Summer Program。

縁あってこのプログラムの公開イベントに聴衆者の一人として参加しているのですが、そもそも X-Lab Summer Program とは、7月30日から8月12日までの14日間にわたって、各国の建築学科の学生、研究者、実務者を対象として開かれている「国際的なワークショップ」です。

その趣旨は、これからの社会における建築の役割を国際的、学際的な視点から考えようとするもので、デジタル・テクノロジー、科学など多岐にわたる領域から研究者を招聘。

建築が扱う領域を拡張し、幅広い産業とのコラボレーションの可能性を模索しようとしています。

8月5日(土)のセッションでは、

UCLAのJeffrey Inaba (Associate Adjunct Professor) と、

Aalto大学のKivi Sotamaa 氏によるプレゼンがまず行われ、

その後、隈研吾氏豊田啓介氏(noiz)を交えてのパネルになりました。

Img_4536

7日(月)は、東京大学の平野利樹助教が「20世紀まではContinuityの世界だったが、21世紀になって世界はDisconnectionに陥っている」との認識のもとに講演。

続いて慶應義塾大学のカズ米田特任教授

筑波大学の落合陽一助教がそれぞれプレゼンを実施。

Img_4537

テクノロジーが発達して、人工知能が身近で使われるようになる時代がもうすぐ近くまでやってきています。

これから先、人々の生活はどう変わるのか。平野さんも米田さんも、そして落合さんも同じような問題意識を持っているようでした。

しかし3人それぞれアプローチや興味の対象は異なり、そのために聞いていて面白いセッションでした。

いずれにしても建築、およびその周辺領域は私にとっては専門外の分野。

にもかかわらず、約100名の大学生、院生、建築家たちと一緒に新進気鋭の学者、建築家、研究者の話を聞くという経験は、知的好奇心を満足させてくれるものでした。

下の写真は、7日(月曜日)のセッションの風景。

慶應義塾大学三田キャンパス東館8階ホールで午後7時~9時にかけて行われました。

Img_4527_3   

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

You are what you eat.

You are what you eat という英語があります。

この言葉のように、食べるものが自分の細胞になっていくわけです。

ですから、我々は誰もが、もっと食べるものに気をつかいたいもの。

仕事で米国に行くたびに思うのは、昔に比べて体重過多と思われる人が増えたということ。

昔といっても、私が高校時代に留学したころのアメリカです。

つまり1971-72年で、いまから50年近くもまえなのですが、このころのアメリカ人はもっとスタイルが良かった、というか、今ほど太った人は多くなかったように思います。

この辺はおそらくは統計データにあり、どこかの記事でも読んだような記憶がありますが・・・。

いずれにせよ米国でも欧州でも、街を歩けば 24時間開業のスポーツジムが目に留まり、ダイエット・コンシャスの人(ダイエット意識の高い人)は、Sencha とか Matcha とか言い出す時代。

日本でも本屋さんに行くと食事に関する本が目を引きます。

昨日、出版社に献本頂いたのは『病気にならない食べ方はどっち?』

         51wdkpfoal_sx342_bo1204203200__2

5~6頁ごとにクイズ形式にエッセンスがまとまられており、読みやすいかたちになっています。

| | コメント (0)

2017年8月 5日 (土)

先進性、革新性

合理的に考えるのであれば、都心で車を持つのは経済的にペイしないことの方が多いように思います。

地下鉄に乗るとか、タクシーを使うとか、遠出をするときにはレンタカーを使えば、車を

①買うコスト、

②保有するコスト(保険、車庫)、

③使うコスト(修理、定期点検、燃料)

をかけずに済みますし、諸々の税金もかかりません。

にもかかわらず、人々が車を買うのは、利便性のみならず、プラス・アルファーの何かを求めているからではないでしょうか。

電気自動車についても合理的に考えて経済性を評価すれば、「あり得ない選択だ」という人が少なくありません。

ガソリン代がかからないからといって、車の値段が高ければ、なかなかその分の追加コストを回収出来ないという論法です。

しかしテスラの場合は、

「電気自動車」 vs. 「ガソリン車」

という構図ではなくて、どうやら

「電気+自動運転車」 vs. 「ガソリン車」

という構図とすることに成功しているように思います。

つまり「電気+自動運転車」と位置付けることで、

テスラ車は「先進性・革新性」を具現しようとしているのです(別に私はテスラの回し者ではなく、テスラ車を所有している訳でもありません)。

電気自動車と自動運転車が一つの車に融合されることで、テスラを運転することが格好いいと映る・・。

そういった消費者心理を見誤ってしまうと、テスラを過小評価することに繋がってしまうような気がします。

なお1回の充電で航続可能な距離は今ではずいぶんと伸びていて、テスラ(モデルS)の場合、約600キロ(正確には572キロ)。

また、テスラの自動運転はかなりの優れもので、ストップサインなども見分けます。

『こちら』の頁の最初の動画(約2分)を見て頂くと、それがどんなものか実感できます。

普及版の「モデル3」(航続距離345キロ)は米国で385万円(1ドル=110円)。いよいよ量産が始まりました。

| | コメント (0)

2017年8月 2日 (水)

X-Lab Summer Program

X-Lab Summer Program(『こちら』)で、UCLA、Greg  Lynn教授(『こちら』)の基調講演がありました。

Lynn教授いわく『自分の知っているAさんは歩いて5分のスーパーにも車を走らせて買い物に行く。いっぺんにたくさんの買い物をするので、とても持ちきれないからだ』。

Gita_2

(The Photo by A'Design Award & Competition. Please see this Page.)

そこで教授が開発したのが、ロボット・ジータ(Gita)。

上の写真(クリックすると大きくなります)の真ん中(下)のように持ち主を認知して、持ち主の後をついて動きます。

スーパーまでは車ではなく歩いていき、買ったものはジータのなかに入れればOK。

時速35キロまで出るのだとか・・(詳しくは『こちら』)。

そう言えば、昨日シリコンバレーから来たBさんと食事をしたのですが、Bさんいわく

『岩崎さん、もうすぐにも、我々は1人で3台も4台もロボットを持つようになるよ。用途に合わせてね』

たしかにそんな時代がもうすぐ近くにまでやって来ているのかもしれません。

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ