« 先進性、革新性 | トップページ | X-Lab Summer Program (その2) »

2017年8月 8日 (火)

You are what you eat.

You are what you eat という英語があります。

この言葉のように、食べるものが自分の細胞になっていくわけです。

ですから、我々は誰もが、もっと食べるものに気をつかいたいもの。

仕事で米国に行くたびに思うのは、昔に比べて体重過多と思われる人が増えたということ。

昔といっても、私が高校時代に留学したころのアメリカです。

つまり1971-72年で、いまから50年近くもまえなのですが、このころのアメリカ人はもっとスタイルが良かった、というか、今ほど太った人は多くなかったように思います。

この辺はおそらくは統計データにあり、どこかの記事でも読んだような記憶がありますが・・・。

いずれにせよ米国でも欧州でも、街を歩けば 24時間開業のスポーツジムが目に留まり、ダイエット・コンシャスの人(ダイエット意識の高い人)は、Sencha とか Matcha とか言い出す時代。

日本でも本屋さんに行くと食事に関する本が目を引きます。

昨日、出版社に献本頂いたのは『病気にならない食べ方はどっち?』

         51wdkpfoal_sx342_bo1204203200__2

5~6頁ごとにクイズ形式にエッセンスがまとまられており、読みやすいかたちになっています。

|

« 先進性、革新性 | トップページ | X-Lab Summer Program (その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 先進性、革新性 | トップページ | X-Lab Summer Program (その2) »