« 毎月10日 | トップページ | その後のNVIDIA株 »

2017年9月15日 (金)

グーグルがリフトに1100億円出資?

何かと問題になることが多かったウーバーではなくて、リフトを使うという人も米国では多い(『こちら』を参考)。

リフトはウーバーに次ぐ、業界2位の会社。

しかし distant second であり、かなり離されているらしい。

想定時価総額(どちらも上場していない)も、ウーバー7.5兆円に比し、リフト0.8兆円(『こちら』)。

しかもウーバーと違って、リフトのオペレーションは米国のみ。

とは言うものの、配車アプリサービス・ビジネスの最終覇者はまだ決まったわけではない。

4年前、グーグルは傘下のVCを通じ、ウーバーに280億円ほど出資しているが、今度はその競争相手の「リフトに1100億円出資することを検討している」とのニュースが飛び込んできた(『こちら』)。

配車アプリサービスのビジネスは今後ますます加速していく・・。

|

« 毎月10日 | トップページ | その後のNVIDIA株 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 毎月10日 | トップページ | その後のNVIDIA株 »