« 株式投資には「何が正しくて、何が間違い」といったことはない | トップページ | 読書好きの経営者 »

2017年10月 2日 (月)

Apple(リンゴ)と Orange (オレンジ)を比較してはならない

どうでもいいことなのですが、新聞(日経ヴェリタス紙;10月1日~7日号)を読んでいたら、

「アマゾンは、創業から23年で株価は一時1,000ドルと初値の36倍になった」(同紙第1面)

との記述が・・。

えっ !? 

たったの36倍?

思わず目が点になってしまいました。

これはどう読んでも、IPO時にたとえば10万円を投じていれば、360万円になったと読めてしまいます。

なおここでは為替の影響を無視して考えていますが、実はアマゾンIPO時の為替レートは1ドル116円で、現在(112円)とさほどは変わっていません。

また現在のところアマゾンの株価は961ドルですが、1,000ドルになったこともあるので、日経ヴェリタスの記事に従い、1,000ドルで以下の記述を進めます。

さて話を元に戻すと、IPO時にたとえば10万円を投じていれば、実のところ、あなたは360万円どころか、その12倍の4,000万円以上のおカネを現時点で手にしています。

株式が3度にわたって分割されたからです。

* * *

米国のビジネススクールで教授たちがよく語っていた言葉に、「apple(リンゴ)と orange (オレンジ)を比較してはならない」というものがあります。

リンゴはあくまでもリンゴ同士で比較する。

意味の無い比較をしてしまうと、かえって間違った判断に結び付いてしまうといった教えです。

アマゾンのように株式分割を繰り返してきた企業にとっては、日経ヴェリタス紙のように、初値の絶対値と、現在の株価とを比べて、〇〇倍になったと記述しても意味ありません。

むしろ、こうした比較は、ミスリーディングな(誤解を招くような)結果に結びついてしまいます。

* * *

ここで、事実関係を追ってみましょう(『こちら』は当時の新聞記事)。

アマゾンのIPO時の公募価格は18ドル。

1997年5月15日のトレーディング初日。

初値は29ドル(資料によっては28ドルとしているものもある)でした。

その後、アマゾンの株式は下記のように分割を繰り返していきます。

1998年6月  2/1 Stock Split (2分割)

1999年1月  3/1 Stock Split (3分割)

1999年9月  2/1 Stock Split (2分割)

つまり初値で1株買った人は現在では12株持っているわけです。

すなわち分割調整後のベースでは、29ドル →  1,000ドル×12株

となっているのですから、413になっています。

別の見方をすると現在の1株はIPO当時の12分の1株でしかないわけです。

よって当時の株価を12分の1にして、現在の株価と比べやすくする方法もあります。

この場合は

29ドル÷12株 → 1,000ドル

やはり413倍です。

いずれにせよ株式が分割されたので、これを調整したうえで、同じ土俵にして(つまりリンゴ同士にして)比較します。

なお通常この種の比較には、初値ではなく公募価格を使うのが一般的。

これを使って計算すると

18ドル → 1,000ドル×12株

で、公募価格の667倍に。

当時15万円ほど公募でアマゾンの株を買った人は、今では1億円を手にしていることになります。

|

« 株式投資には「何が正しくて、何が間違い」といったことはない | トップページ | 読書好きの経営者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 株式投資には「何が正しくて、何が間違い」といったことはない | トップページ | 読書好きの経営者 »