« 2017年9月 | トップページ

2017年10月22日 (日)

アマゾンが世界最大級の風力発電事業を立ち上げ

10月19日のプレスリリースですが、アマゾンが世界最大級の風力発電事業を立ち上げ(『こちら』)。

テキサス州スカリー郡のサイトでは1基あたり高さ91メートル以上の発電機が100基以上稼働。

発電電力量は100万MWh(年当り)になるとのことで、米国の33万世帯の年間消費電力をこれでまかなえるとしています。

以下の写真はジェフ・ベゾスの19日付ツイッター(『こちら』)に掲載されていた動画の一場面です。

Photo_3   

| | コメント (0)

2017年10月21日 (土)

iPhone機種変狂想曲

1週間ほど前ですが、iPhone 6s から、8 Plus に変えました。

X(テン)も検討したのですが、これまで慣れ親しんできたホームボタンが無くなるのはどうなんだろうとか、11月上旬に発売になるとして、いつ手に入るんだろうとか、いろいろ迷って結局8 Plusに。

機器の値段ですが、ドコモショップ、家電量販店A社、家電量販店B社で全部値段が違います。

家電量販店の場合、一括購入すればポイントが付与されるのですが、ポイント付与率も違うし、店によっては店舗手数料という訳のわからない料金を3千円強取られるケースも。

どこで買うか、あらかじめ調べておかれることをお勧めします。

次に旧機種から新機種へ、データの移し替え。

これはずいぶんと楽になりましたが、注意も必要。

まず旧機種のデータをiTune とiCloudの両方にバックアップ。

私の場合、結果的にこのように両方にバックアップしておいて正解でした(後述します)。

つぎにLINEやSuicaなどのバックアップには特別な配慮が必要。

この辺はネットでググるとやりかたが出てきますので、それにそって実行。

ここまでしてから、お店に行って、古いiPhoneを下取りに出して、新しい8 Plus を購入。

そしていよいよバックアップしたデータの復元。

ところが・・・。

まずiTuneでバックアップしたデータを取り込もうとしたのですが、コンピューターがパスワードを聞いてきます。

アップルIDに使っているパスワードを入れたところ、何度やってもアクセス不能。

思い当たる他のパスワードを20種類くらい入れてみましたが、全部だめ。

ここでとうとうアップルのヘルプデスクに電話。

すると分かったことですが、ここで入力すべきパスワードは、どうやらその昔に、iTuneにパスワード付きでバックアップした際に使ったはずのパスワードなんだとか。

そう言われても、そのときにどんなパスワードを使ったのか、どうしても分からず。

結局、iTuneからバックアップしたデータを取り出すことを諦めました。

それではiCloudにバックアップしたデータを取り出そうと思ってやってみたのですが・・。

私の場合、これも簡単には進みませんでした。

というのも、お店で渡されたiPhoneには、お店の親切心なのかもしれませんが、連絡帳などの一部データが移されていました。

この状態がかえって中途半端だった為、iCloudにバックアップしたデータを取り出すには、いったんiPhoneを工場出荷状態に初期化する必要が生じてしまいました。

まぁ、初期化すること自体はたいしたことはなかったのですが・・・。

このように右往左往しましたが、データ移行は無事終了。

最初のうちはケータイが大きすぎて持ちづらく、落としてしまいそうに感じましたが、いまでは大きなサイズにも慣れて快適に使っています。

それにしても機種変、通信会社の料金サポートがあり実質コストがかなりやすくなるため、これに応じましたが、ほんとうに必要だったのかどうか、ちょっと考えてしまいます。

| | コメント (0)

2017年10月 8日 (日)

読書好きの経営者

Kazuo Ishiguro ノーベル賞受賞のニュースにすぐさま反応した経営者がいました。

アマゾンのジェフ・ベゾスです。

彼は即座にTwitter(ツイッター)に次のように書き込みました(『こちら』)。

The Remains of the Day--Long my favorite novel. Teaches pain of regret so well you will think you lived it. Congrats, Mr. Ishiguro, so earned!

(『The Remains of the Day』(邦訳:日の名残り)は、何年も前からの私のお気に入りの小説。後悔の痛みをひじょうに良く教えてくれ、あたかも自分が経験したような気になる。おめでとう、イシグロさん、まさに受賞にふさわしい)

もともとベゾスは頻繁にツイートするタイプではなく、先月は2度ツイートしただけ。

自分のお気に入りの小説家がノーベル賞を受賞したことがよほど嬉しかったのでしょう。

実は、かねてからベゾスは『日の名残り』が彼のお気に入りの小説であることを公言していました。

以下は、2012年に来日した際、wired.jpによるインタビューに答えたベゾスの発言の抜粋です(wired.jpによるインタビュー全文は『こちら』)。

『わたしは同じ本を何度も読むタイプなんですね。

いちばん好きなのは、カズオ・イシグロの「日の名残り」ですね。何度も読んでます。素晴らしいです』

『フィクションは、自分が体験しえないことを、体験させてくれるものだとわたしは思っています。つまり、人生について教えてくれるわけです。

「日の名残り」に関して言えば、あれは後悔をめぐるお話なんです。主人と老執事の関係よりも、わたしのフォーカスはむしろ老執事が、かつての同僚だったミス・ケントンに寄せる思いのほうなんです。

人生の終わりを迎えて、自分が愛する人に対して自分は何のアクションもおこさなかった、そのことに対する後悔がポイントなんです。

後悔をするときには、すべてがもう遅すぎるんですね。こういう後悔はしたくないなと身に染みて感じますね』

──『日の名残り』にあるような後悔をご自身でおもちだったりします?

『いまのところ幸いなことに、そこまでの後悔はないですね。

ただ、こういう思い出はあります。

1994年に、オンラインの古書店を始めることを思い立って、そのことを当時勤めていた金融会社の上司に相談したんですね。

「散歩しながら話そう」と言うので公園を歩きながら話したのですが、彼はわたしの話を聞いて、こう言ったんです。

「面白いアイデアだと思うよ。ただし、すでに立派な仕事と肩書きをもっている人がやることかどうかは疑問だな。2日間、よく考えてごらんよ」。

で、考えたんです。妻とも相談しました。

そのときにこう思ったんですね。

自分が80歳になって人生を振り返ってみたとしたら、仮にこの新しい事業に失敗したとしても、さほど後悔はしないだろうと。

けれども、これをやらずにいまのところに勤め続けたらきっと後悔するだろうなって。

つまり、人生の最も深い後悔は、Commissionによって生じるのではなく、Omissionから生じるんだと。

怖がったり、不安がったりして何もしないことが、きっと後悔を生むんじゃないかと』

| | コメント (0)

2017年10月 2日 (月)

Apple(リンゴ)と Orange (オレンジ)を比較してはならない

どうでもいいことなのですが、新聞(日経ヴェリタス紙;10月1日~7日号)を読んでいたら、

「アマゾンは、創業から23年で株価は一時1,000ドルと初値の36倍になった」(同紙第1面)

との記述が・・。

えっ !? 

たったの36倍?

思わず目が点になってしまいました。

これはどう読んでも、IPO時にたとえば10万円を投じていれば、360万円になったと読めてしまいます。

なおここでは為替の影響を無視して考えていますが、実はアマゾンIPO時の為替レートは1ドル116円で、現在(112円)とさほどは変わっていません。

また現在のところアマゾンの株価は961ドルですが、1,000ドルになったこともあるので、日経ヴェリタスの記事に従い、1,000ドルで以下の記述を進めます。

さて話を元に戻すと、IPO時にたとえば10万円を投じていれば、実のところ、あなたは360万円どころか、その12倍の4,000万円以上のおカネを現時点で手にしています。

株式が3度にわたって分割されたからです。

* * *

米国のビジネススクールで教授たちがよく語っていた言葉に、「apple(リンゴ)と orange (オレンジ)を比較してはならない」というものがあります。

リンゴはあくまでもリンゴ同士で比較する。

意味の無い比較をしてしまうと、かえって間違った判断に結び付いてしまうといった教えです。

アマゾンのように株式分割を繰り返してきた企業にとっては、日経ヴェリタス紙のように、初値の絶対値と、現在の株価とを比べて、〇〇倍になったと記述しても意味ありません。

むしろ、こうした比較は、ミスリーディングな(誤解を招くような)結果に結びついてしまいます。

* * *

ここで、事実関係を追ってみましょう(『こちら』は当時の新聞記事)。

アマゾンのIPO時の公募価格は18ドル。

1997年5月15日のトレーディング初日。

初値は29ドル(資料によっては28ドルとしているものもある)でした。

その後、アマゾンの株式は下記のように分割を繰り返していきます。

1998年6月  2/1 Stock Split (2分割)

1999年1月  3/1 Stock Split (3分割)

1999年9月  2/1 Stock Split (2分割)

つまり初値で1株買った人は現在では12株持っているわけです。

すなわち分割調整後のベースでは、29ドル →  1,000ドル×12株

となっているのですから、413になっています。

別の見方をすると現在の1株はIPO当時の12分の1株でしかないわけです。

よって当時の株価を12分の1にして、現在の株価と比べやすくする方法もあります。

この場合は

29ドル÷12株 → 1,000ドル

やはり413倍です。

いずれにせよ株式が分割されたので、これを調整したうえで、同じ土俵にして(つまりリンゴ同士にして)比較します。

なお通常この種の比較には、初値ではなく公募価格を使うのが一般的。

これを使って計算すると

18ドル → 1,000ドル×12株

で、公募価格の667倍に。

当時15万円ほど公募でアマゾンの株を買った人は、今では1億円を手にしていることになります。

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

株式投資には「何が正しくて、何が間違い」といったことはない

株式投資には「何が正しくて、何が間違い」といったことはない。

そう私に教えてくれたのはスタンフォード大学のマクドナルド教授。

ウォーレン・バフェットとも親交が深く、バフェットはマクドナルド教授の授業にゲスト・スピーカーとしてよく登壇していました。

「ある人は長期投資が得意かもしれないし、別の人は短期売買の方が収益を上げやすいかもしれない。

ファンダメンタル分析が得意な人もいれば、チャートを参考にする人もいる。

要は自分の勝ちパターンを見つけろ」

教授はそういったようなことを授業で強調していました。

と言いつつも、教授の授業は、長期投資、ファンダメンタル分析が中心で、他の方法には触れませんでしたが・・・。

ところで、いろんな人のやり方を学ぶには本を読むのが手っ取り早いかもしれません。

週刊東洋経済eビジネス新書No.222 Kindle版 『投資本の著者に聞く!勝つための投資法』

      Photo

この本は電子書籍で新書版115頁から成り立っています(電子書籍の価格は324円)。

何人かの投資本の著者にインタビュー形式で聞くといった体裁になっていますが、最終章に私へのインタビューが掲載されています(96~108頁)。

           Iwasaki

私のところではなくて、他の投資本著者の章に出てくるんですが、例えばRIZAPグループ(株)。

2006年に上場し、株価は25円(分割調整後のベース)あたりを低迷していたのですが、いまでは1330円前後。

10年強で53倍にもなっているんですね。

投資にいろんなアプローチがあることを改めて実感。

しかしやはり私は私のやり方に固執しようと思います。

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ