« テレビ最終戦争 | トップページ | 1億5597万人 »

2018年7月29日 (日)

フェイク・アカウントの駆逐

4-6月期決算に対する期待から、これまで上昇してきた7月の米国株式市場ですが、フェイスブックやツイッターの決算の影響を受けて、一転、下落の方向へ(下図の上段がナスダックの今月の動き、下段はダウ)。

Nasdaq_5

Dow_2

決算がかなり良かったアマゾンでさえ、発表後のアフターマーケットと翌朝の株価は上がりましたが、その後、じりじりと下落(下図は先週1週間のアマゾンの動き)。

Amazon_2

そもそもフェイスブックにせよツイッターにせよ、偽りのアカウントを削除するとか、健全な成長のために妥当なことをしていての減速なのですが、市場全体のセンチメントがcautiousになっていたことも影響しているのかもしれません。

日経新聞7月25日(夕刊)によれば、6月に投信・ETFから221億ドルの資金が純流出。

これは2015年8月以来の流出額なんだとか・・。

これまであまり減ることのなかったパッシブ運用からも37億ドルほど流出。

「高齢化が進む中、投資家の多くが既存の資産を守ることに注力し、新たな株式投資への需要は低水準が続く」

とのコメントを日経は載せていました(これは日本市場に関するコメントではなく、米国市場に関するコメントです。念のため)。

話はそれますが、先日米国から来日したインスタグラマーのAさんとの会話。

(私)『フォロワー数が大事って言うけれど、「40ドルで、あなたのためにフォロワー数5,000人をゲットします」なんていう広告が来るよね』

(A氏)『そういったフェイク・フォロワーは投稿に「いいね」をしてくれません。「いいね」の数を「フォロワー数」で割ると、ある一定の範囲に収まります。この数字が極端に低いインスタグラマーはフォロワー数を金で買っているのかもしれません。こうしたことはインスタグラマーの間では広く知れ渡っている、いわば「常識」です』

フェイク・アカウントの削除を進めるツイッター。

下図は金曜日に発表されたツイターの投資家へのプレゼン資料です。

Twitter_2

100万人もユーザーが減ったとして株価急落につながりましたが、フェイク・ユーザーの駆逐を進めるツイッターの姿勢は評価されてしかるべきだと思います。

|

« テレビ最終戦争 | トップページ | 1億5597万人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テレビ最終戦争 | トップページ | 1億5597万人 »