« 太陽を創った少年 | トップページ | 先生の一言 »

2018年8月26日 (日)

第2の敗戦

今から73年前。

1945年の敗戦が第1の敗戦であったならば、

平成の30年間は第2の敗戦、

それも経済的な意味での敗戦だったのではないか。

先週号の週刊ダイヤモンド『平成経済全史』を読んでいて、

ふとそうした思いが胸をよぎりました。

Market_cap_3

上の表は上記のダイヤモンド誌45頁に掲載された表の一部。

平成元年(左)から平成30年(右側)までの30年間の変化です。

注意すべきは左側は「日本でのランキング」を示したものではないということ。

左側も「世界ランキング」なのです。

日本の若い人にはこの事実がショッキングなようで、

『えっ!日本勢が世界1位から5位までを独占していたのですか』

といった反応も少なくありません。

なかには

『このデータは信憑性があるんですか』

といった疑問を呈する人もいます。

しかし、この表は事実です

(もともとは米ビジネスウィーク誌1989年7月17日号「The Business Week Global 1000」に掲載されたデータをダイヤモンド社が引いたもの)。

これを見て、

『あの頃はバブルだったから』

とか

『円高だったから』

とコメントする人がいます。

たしかに円高であったとすればドル換算の時価総額は

その分、高くなります。

しかし円高だったから、というのは事実ではありません。

実は、1989年は今よりもずっと円安でした(1年間の始値123.6円、高値 149.63円、安値123.6円、終値143.79円)。

バブルだった、というのは、その通りなのですが、

しかしそれでも、たとえばトヨタ自動車を見ると、

平成元年の時価総額541.7億ドルから

平成30年の時価総額1,939.8億ドルへと

3.6倍にも時価総額を高めています。

つまり元年がバブルだったからといって、

30年間もの長い間に時価総額を高められなかった言い訳にはなりにくい―

この間、3.6倍にも時価総額を高めた日本企業があるのですから。

この表にはいろいろな見方があるのでしょうが、一つ気がつくのは、

30年前には世界ランキング表には名前を見ることもなかった米国の西海岸の企業が

あっという間に躍進して世界のトップ1位から5位までを独占してしまった

という点です。

しかもこの5社のうち3社までが平成元年の時点では存在すらしていませんでした。

フェイスブックの創業者マーク・ザッカ―バーグ氏に至っては当時まだ5歳だったのです。

* * *

平成元年には世界のトップ30社のうち25社までが日本企業でした。

それが30年後、世界のトップ30社に入った日本企業は1社もありません。

でも、それがいったい何の意味を持つのでしょう。

そう思う人もいるかもしれません。

残念ながら、この30年間にわれわれの生活は少しずつ相対的に貧しくなっていきました。

たとえば世帯主が30代の世帯の平均年収はアメリカが990万円(注1)。

これに対して、日本はたったの560万円(注2)。

(注1)アメリカ合衆国国勢調査局「2016年:世帯の所得」(2017年8月10日)

  為替レートは昨年末のものを使用

(注2)平成28年 国民生活基礎調査の概況(平成29年6月27日、厚生労働省)11頁

* * *

いろいろな意味で日本は遅れをとってしまったのです。

なぜそうなったのか、どうしたら挽回できるのか。

これを考えないことにはますます差をつけられてしまいそうです。

公的セクターの力が強くなりすぎていないか、

あるいは民間の方も政府に頼り過ぎていないか・・・

世界のトップ1位から5位までが、いずれも首都ワシントンDCやニューヨークから遠く離れた西海岸の企業であることにも、何らかのヒントがあるのかもしれません。

いちばん避けなくてはいけないのは、『あの頃はバブルだったから』という言葉で片付けてしまうこと。

これは思考停止以外の何ものでもありません。

|

« 太陽を創った少年 | トップページ | 先生の一言 »

コメント

真偽のほどは定かではありませんが、いまでも「パールハーバー」はアメリカの手引きだったという説を裏づける新検証がたまに出てきます。
最初は勝たせて、その何倍もお返しをする、というのが、アメリカの真意だったとすると・・・、よからぬ想像も沸いてきてしまいます。
経済戦争の手口も同じだったのかもしれない、と。
ちょっと勝たせて、ごっそりいただく。太平洋戦争での本当の金儲けは終戦後の復興計画でした。焦土からの復興でアメリカはどれほど儲けたか。
経済焦土の日本がふたたび餌食にならなければいいのですが。

投稿: 神保町 | 2018年8月29日 (水) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 太陽を創った少年 | トップページ | 先生の一言 »