« 市場との対話 | トップページ | ダイバーシティ »

2019年5月 4日 (土)

こんなことは長く続かない

あと数十分もすれば、オマハでバークシャーのアニュアル・ミーティング(年次総会)が始まります。

興味のある方は『こちら』で、ライブで様子を見れます。

さて、CNBCの記者が年次総会の1日前にバフェットへのインタビューに成功。

その模様が12分間の『こちら』の動画。

バフェットいわく、

『我々の現在の状況は財政や金融政策の観点からは存在し得ないように思える(I don't think our present conditions can exist in terms of fiscal and monetary policy)』。

『低失業率、低金利(多くの国ではマイナス金利)の世界で、私としては5%の財政赤字が(これらと)共存しうるとは思えない(I cannot reconcile 5% budget deficit in a world of low unemployment, low interest rate, negative interest rate in many countries)』。

『私が知る限り、ここ2000年の間に書かれた経済学の教科書で、現在のような状況や現状の変数が、そのまま続きうるといった可能性さえも論じたものはない(No economics textbook I know that was written in the first couple of thousand years that discussed even the possibility that you could have this sort of situation continue and have all variables stay more or less the same)』。

バフェットは、バークシャーの2人のファンドマネージャー(Todd Combs 、Ted Weschler)のうちの1人がアマゾンの株を購入し、数週間後の13Fで開示されるだろうとも発言。

これを受け、昨日の市場ではアマゾンの株価が3%以上も上昇しました。

|

« 市場との対話 | トップページ | ダイバーシティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 市場との対話 | トップページ | ダイバーシティ »