« 新型コロナウィルスと株式相場 | トップページ | 危機の中での1枚の手紙 »

2020年3月 8日 (日)

底が見えない恐怖

先週火曜日(3月3日)には、日経CNBCテレビ『日経ヴェリタストーク』に出演しました。

   Nikkei-veritas

放送日の前日、2日(月曜日)のNY市場は、その前の週に比し、1,294ドル上昇し、史上最大の上げ幅を記録。

そんな中で放送されたヴェリタストークだった訳ですが、私は、

「いったん上がったからと言って、とても安心できるような状況ではない」

旨を話しました。

このときのNY市場は 26,703ドルだったのですが、

「いずれ24,000ドル台に落ちると見ている」とコメント。

残念ながら、予想が当たってしまいかねないような嫌な展開になってきています(先週末25,864ドル)。

『こちら』でこの時の動画をご覧いただけます(13分30秒です)。

|

« 新型コロナウィルスと株式相場 | トップページ | 危機の中での1枚の手紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新型コロナウィルスと株式相場 | トップページ | 危機の中での1枚の手紙 »