« 「おもてなし」の国のサービス | トップページ | NHKスペシャル『新型コロナ』 »

2020年4月18日 (土)

新型コロナウイルス感染ドキュメント(入院病床からのレポート)

感染者Aさん(40代前半の男性;東京都港区在住)による迫真のレポート。

特に許しを得て掲載させて頂いています。

* * *

多分、知りたい人がたくさんいると思うので、公開(情報発信)します。
  
まず、私、コロナ&肺炎で昨日から入院しています。

あなたの周りで初コロナ!だと思います。

ということで、実際どうなるのかなど、リアルな声を届けようかと思い、筆をとりました。

まず、コロナウイルスは治るとか、致死率は少ないとか、正確な情報だけを見ると、たいして危なくないように思われますが、これうつしたら、間違いなく恨まれるであろうほど、辛いです。

インフルエンザの方が30倍くらいマシです。

心当たりのある方も、早めに検査を受けられるよう、その手順や、どうなるかってのを共有しておけたらと思います。

3/23(月) 最初に発熱が確認できました。

午前9時半からMTGのため六本木オフィスに移動、その後、蔦屋書店に移動したのが10時半過ぎ。

15分ほどで、風邪のひき始めのような感覚になり、その後の食事の予定をキャンセル。

この日から在宅ワークに切り替えました。

たくさん食べて、部屋を暑くして、厚着して、汗かいて。

だけど、このルーティンにならず、身体が熱くなりきらないのです。

熱も、朝は低く、11時を過ぎるとだんだん上がってきて、夜になるにつれ、39.5℃くらいに上がる日々。
 
絶対にインフルエンザだと思うところですが、木曜日になっても同じルーティン。

そしてまあまあキツイ頭痛。

咳などはありませんでした。

あれ、これ検査したほうが良いかも?

その時思いました。

だって、周りに年配の方もいるし、うつしたら、人殺しだもん。

なので、ちゃんと検査しようと。

ただ、最初に港区のとある病院に電話したところ、

「来ていただくのは良いのですが、うちではコロナの検査はできませんよ。 

なので、保健所に電話してみてください」

と、言われ、電話してみると、病院だけ案内され、保健所は全くやる気のない様子。

言われた通り、保健所に電話してから病院に行ったけど、やはりコロナとして扱ってもらえていなかったのだと、後で気づきました。
  
薦められた病院に行き、待つこと2時間。  

「まだ時間かかりますがどうします?」 

帰ります。。。

待合室でくっちゃべってる人たちに殺意を覚えつつ、帰る用意を始めました。

引き留められることもなかったので、コロナとしては扱ってもらえてなかったようです。

で、そのまま、山椒がめちゃめちゃ聞いた麻婆豆腐を食べたところ、まったく辛さを感じず。

なんかおかしいなと。

(鼻はつまってませんでした。)

いつも風邪をひくと、鼻水や鼻づまりで寝づらいのですが、それがないのにも違和感を感じてました。

あ、これ完全におかしい。。と

次の日、保健所に電話し、症状を全て言い、

この1週間の間に接触した人もいるし、できれば今夜から、外出もしたいから、どうしても検査してほしいと、真剣に伝えました。

すると、検査ができる場所をすぐに探すので、連絡先を教えてくれと。

その後、電話が来たのは20分後くらい。 

「今から2時間後に某病院に行けますか?」

はい。

「注意点があります。 

検査にはCTも含まれるので、高額になります。4万円ちょっとはかかると思いますが、それでもいいですか?」

はい。

「陽性だった場合、そのまま2週間程度の入院になりますが、それでもよろしいですか?」

あたりまえやん。

しかし、まあまあお金かかるね..。。

なかなかそれでも受けようとする人って絞られてくるんじゃないかな...。

と、思いながら、病院にタクシーで行くと、

「タクシーには乗らないで頂きたいんです。」笑

そんな無茶な!  

だが、一理ある。。 

答えは出ないまま第一次検査へ。 

早速隔離です。

なんか、冥界王になった気分で、透明のヴェールに護られたシートの中へ。

護られてるのは外の人なんですが。笑  

とにかく、1件目とは様子が大分違うままに検査開始。

その後、CTまで時間があるとのことで、一時帰宅。

頑張って歩きました。

間接的にとは言え、やはり人殺しになるのはまずい。。

さて、この時に、「陽性ならそのまま帰れないので、多少の荷物を持ってきてくださいね〜」

ということで、最低限の着替えを持って病院へ、、

しかし、隔離患者は、必要なものが多すぎて、それはまた語ります。

待合室で待つこと15分ほど。 

来ました。

「〇〇さん 陽性です。病室へ案内します」

やっぱりか。

なんかいろいろ困るなーっていうより、はっきりわかってよかった感。

で、入院費は無料ですと言われ、ぬか喜び。

「あとで保健所の方から電話が来ますので、それに対応してください」

ここで落とし穴、助成金で賄われるそうですが、

(納税)所得が高い方は、全額免除の対象外になる確率が高いです。 

おかしくないか?

税金から払ってるんだろうに。。。

この矛盾は何だろう。。

とはいえ、数百万円もするわけではないので、まあ、それは良いとしよう。

(地域によって違うみたいだけれども、基本的には指定感染症なので、公的負担のはずです。

病院で、入院費は自費と言われても、すぐに引き下がらず、問いただしてみてください。

もしくは、自費なら自宅待機します。と)

自費と言われたというのは、東海地方のコロナ仲間からの情報です。

この1週間ほど、何処で誰と会って、何処でもらったか。 

根掘り葉掘り聞かれました。

「港区にお住まいってことは、六本木のクラブなどに行かれてるんですね?」 

行ってません。

「どんなクラブに行ってましたか?お店には電話などしませんので」

だから行ってないっつーの。。

(どうやら、今日、流れていた都知事記者会見ニュースを事実にしたいようだ)

まあ、話は逸れましたが、土曜日に横浜で打ち合わせ、その時、一緒に食事をした5名の内、1名は今日陽性確定。

他の2名は検査中です。

一緒に枝豆を素手で食べてたのと、

カレーを回し食いしたので、まあ、それだろうなと。。

他には感染してないみたいですが、これを読んでるみんな、

怪しいと思ったら、まず検査を受けてください。

治るからいいや  じゃなくて、

思い当たることがあれば一度検査を受けてください。

今のところ、人によって症状に違いがあり過ぎるものの、

私の場合はインフルエンザよりきついです。

日曜から発熱で、今日も先ほどまで39℃。  

咳も出てきて、頭痛も結構します。

安静にするしかやることはないんだけど、

隔離されるってのは、やはりちょっと安心感があります。

加害者にならなくて済むしね。

熱が続くと、なんだかわけのわからないテンションになるし、

ちょっと気が滅入ってきます。

病院にウーバーイーツ頼んだり、

Amazonで買い物したり、

部屋の中の模様替えしたり、

まあまあ自由にやっていますが、

午後になり熱が上がってくると、もうなんにもする気がおきません。。
  
死ぬことはないって言うデータも大事ですが、

二度となりたくないって思うほどキツイです。
  
さあ、レッツコロナー!  

とか冗談言ってますが、

メンタル弱い人は、結構、こたえるはずです(笑)

なので、この1週間で僕と接触して発症した方には、

検査費は負担する旨を伝えてあります。

(1か月後とかだったら知らんけど)

僕もえっちらほっちら治療に専念するので、

どうか、これを読んでくださった皆様も、

物言わぬ加害者にならないですむよう、切に願います。  

しかし、早く収まると良いですね。

世界の経済もいろいろ見直すときと思います。  

日本の医療も。

体制も。

これじゃ表向きの感染者数は増えないわけだよ。。

あと、この緊急事態に、土日休みの保健所…

勘弁してほしい。

政府の言ってることと現実の乖離が甚だしい!  
 

|

« 「おもてなし」の国のサービス | トップページ | NHKスペシャル『新型コロナ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「おもてなし」の国のサービス | トップページ | NHKスペシャル『新型コロナ』 »