« モデルナのワクチン初期治験 | トップページ | パウエル議長「年の後半には良くなる」 »

2020年5月21日 (木)

目標株価

『モルガン・スタンレーのブライアン・ノワク(Brian Nowak)がアマゾンの目標株価を2,500ドルとした』

このニュースが伝わったのは、2018年8月29日。

このときアマゾンの前日引け値は1,932ドルでした。

多くのアナリストが当時アマゾンの目標株価を2,000ドル~2,300ドルの範囲に設定していました。

こうした中での強気な目標。

ブライアンのレポートは市場で話題をさらいました(『こちら』)。

しかし「その後のマーケットは」というと・・。

2,000ドルを上回ることもありましたが、一方で1,400ドルを切ることもあり、

必ずしもブライアンの予想した Target price に向かって一直線に進んできたわけではありません。

Amzn

それでも1年と9か月後。

昨晩のニューヨークではアマゾンがついに2,500ドルに到達(After Hour では 2,501ドル)。

* * *

いまから20年近く前ですが、私が投資銀行にいた時も、目標株価が良く当たる「スター・アナリスト(Star Analyst)」がいました。

彼はForbes や Fortune といった雑誌によく特集記事を掲載され、機関投資家の注目も浴びていました。

発行会社(注:株式の発行会社)からは、自分たちのことをよく理解してもらいたいとばかり、CEOからも「ぜひ彼とのアポを入れて欲しい」と依頼が来るといった状況。

彼とは何となく馬が合い、一度、招かれて、彼の家に遊びに行ったことがあります。

サンフランシスコの中心部からクルマで15分ほどのところで、

サンフランシスコ市内としては珍しく大きな家。

自分の家の中に専用のジムを持っていたのが記憶に残っています。

彼は今ごろどこで何をしているのだろう。

モルスタのブライアン・ノワクのことを書きながら、ふと昔のことを思い出してしまいました。

* * *

ところでアマゾンの株価ですが、

最近では目標株価を3,000ドルとするところも出てきています(『こちら』)。

しかしこういった目標株価を見るときに重要なのはアナリストのトラックレコード(これまでの成績)。

トラックレコードを調べて、そして出来れば実際にレポートを読んで、自分なりの Conviction にたどりつくことが重要です。

|

« モデルナのワクチン初期治験 | トップページ | パウエル議長「年の後半には良くなる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モデルナのワクチン初期治験 | トップページ | パウエル議長「年の後半には良くなる」 »