« ハリウッドを埋め尽くした人々の波 | トップページ | もしも誰かが・・ »

2020年6月19日 (金)

時価総額が世界最大の自動車会社

世界最大の自動車会社は?

販売台数ではトヨタとフォルクスワーゲンが鎬を削っています。

今年4月のデータでは、トヨタ・グループがフォルクスワーゲン・グループに競り勝ち、トップに立ったのだとか(『こちら』)。

ところで株式市場による評価という観点では如何でしょう。

市場はどの自動車会社をもっとも価値があると見ているのでしょうか。

市場の「評価」という観点では、一般に「時価総額」という指標が使われます。

時価総額とは「株数」×「発行済み株式総数」で現わされる指標。

市場で全株を買うのに要する金額であり、その会社を買うのに必要とされる金額のことです。

もっとも実際の実務では、現在ついている株価で全株を買うのは不可能です。

どんどんと買い進めていくうちに株価は上がってしまうからです。

また法律上、全株を買うにはTOB(Take Over Bid)の手続きを取らざるをえず、そのときの値段は現在ついている株価よりも高くなるのが一般的です。

それでも「株数×発行済み株式総数」であらわされる「時価総額」という指標は、市場が評価する会社の価値として使い勝手の良い数字であり、幅広く使われています。

なお時価総額の算出に際しては、一点、注意が必要です。

それは、算出に際して自己株式を除外するという点です。

現在、多くの企業では自分で自分の会社の株をある一定の範囲内で買うようなことをしています(自己株式の取得)。

自己株式の取得とは、いわば自分で株を発行して資金を調達して、その資金で自分の株を買うという行為。

従って、時価総額を計算する際には、自己株式を除いた形での発行済み株式の数字を使います。

つまり「時価総額」=「発行済株式総数(自己株式を除く)」×「株価」で算出します(『こちら』)。

さて本題に戻りましょう。

時価総額が世界最大の自動車会社はどこでしょうか。

少し前まではトヨタでした。

トヨタの時価総額を算出してみましょう。

発行済み株式数 3,310,097,492株【A】

うち自己株式等 480,379,800株【B】

(注)データはトヨタの「2019年12月 第3四半期」報告書(2019年9月30日現在の数字)

よって自己株式を除くベースの発行済み株式総数は、【A】-【B】= 2,829,717,692株

時価総額は、これに株価(6,851円;6月19日終値)をかけて、19.4兆円。

一方で、テスラは(自己株保有がないので)、1,866億ドル(19日、NY時間10時の株価をベース)。

為替レート106円80銭でかけると:

19.9兆円。

そうなのです。

現時点では、テスラの方がトヨタよりも時価総額が高くなっています(『こちら』)。

ちなみにフォルクスワーゲンはもっとずっと下です。

1位テスラ、2位トヨタ。

このところ数日間、こういった状況が続いています。

2019年の1年間でテスラは、367,500台のクルマを販売しました(『こちら』)。

それに対して、トヨタは、9,714,253台を販売(『こちら』)。

日野、ダイハツを含めれば、トヨタ・グループとして、10,742,122台を販売(『こちら』)。

テスラの29倍です。

もちろん販売台数の多寡と企業の価値は直接的にはリンクしません。

薄利で(あるいは損失を出してまでして)数多く販売しても株式市場は評価しないのです。

それにしてもテスラが世界最大の時価総額を持つ自動車会社であることに対して、何となく納得できないという人もいるかもしれません。

これは(1)テスラにはそれだけの将来性があるのか、あるいは(2)市場の評価が間違っていて早晩是正されるのか、

この2つのうちのどちらかです。

|

« ハリウッドを埋め尽くした人々の波 | トップページ | もしも誰かが・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハリウッドを埋め尽くした人々の波 | トップページ | もしも誰かが・・ »