« 東京都 vs. 大阪府 | トップページ | 待ったなし »

2020年7月 1日 (水)

学校の先生の感染が増えている?

あまり報道されていないのですが・・。

以下、一部のみ抜粋・引用。

* * *

『ここへきて、都内では学校の先生の感染が相次いでいる。

大田区では26日(先週金曜日)、区立小学校に勤務する30代男性教師の陽性が判明。

また、江東区の同じ区立小学校でも同日、2人の女性教師(ともに50代)の感染が確認された。

両区によると、発症前の行動履歴からは、3人の感染経路は分からなかったという。

一般的に教師は、大勢の児童と接触するため、人一倍感染防止に気を使っているケースが多い。

大田区は「児童と接触するので、学校の先生は感染しないように特に注意していると思いますが」(感染症対策課)と困惑気味。

江東区は「先生は十分注意しているはずなのに」(教育委員会庶務課)と頭を抱えた。

西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏(感染症学)が言う。

「意識の高い学校の先生が感染するということは、ある程度、市中感染が広がっているとみていいでしょう(以下略)」』。

* * *

子どもたちが心配(感染しても無症状の子も多い?)。

出所および全文は『こちら』です。

|

« 東京都 vs. 大阪府 | トップページ | 待ったなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都 vs. 大阪府 | トップページ | 待ったなし »