« アートにエールを!東京プロジェクト | トップページ | ブランドの極致 »

2020年8月23日 (日)

テンバガー

本日の日経ヴェリタスはテンバガーの特集。

テンバガーとは株価が10倍になる(なった)株のこと。

記事ではクレジットカード会社のVISAが10年で時価総額が10倍を超えたと紹介されていました。

Veritas0823

記事の内容とは離れてしまいますが、10年前と比べて10倍になった株というのは、意外とたくさんあります。

まずはテスラ。

この株は10倍どころか、10年間で100倍以上になりました(19.1ドル→2049.98ドル;107倍)。

ネットフリックス:10年間で27倍

アマゾン:10年間で26倍

アップル:10年間で16倍

フェイスブック:8年間で14倍(上場したのは8年前)

マイクロソフト:10年間で11倍

* * *

しかしほんとうのポイントはこれから先をどう読むかです。

過去ではありません。

つまり「この株はじゅうぶんに高くなった、高くなり過ぎた」と過去を振り返らないこと。

3年前、アマゾンの株価は980ドルでした。

この時点(2017年8月)で、10年前の2007年8月に比べて、アマゾンの株価は12倍になっていました。

「12倍か・・。もう十分高くなった」ーそう思って売ってしまった人は、売ってしまった後で、(その後の3年間で)更に3.4倍になったのですから、後悔していると思います。

過去を振り返って、じゅうぶん高くなったかどうかを気にするのではなくて、あくまでもこれから先の10年間がどうなるかを考えるべき。

10年後、もしかするとアマゾンのドローンが荷物を運んでくれるようになっているかもしれません。

10年後、テスラの自動運転車はレベル2~3から、もっと高レベルになり完全自動運転に近づいているかもしれません。

そういった将来に思いを馳せ、将来時点での企業価値を予想し、それを現在の企業価値と比較してみる。

こうした作業がテンバガーを掴むうえでの第1歩となります。

|

« アートにエールを!東京プロジェクト | トップページ | ブランドの極致 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アートにエールを!東京プロジェクト | トップページ | ブランドの極致 »