« バブルの足音 | トップページ | ドルが覇権を手放す日 »

2020年9月18日 (金)

秘伝「スタンフォード流の成長株投資術」

株は、「買ったら、値上がりしたところで、売るべきもの」。

こう考えている人は多い。

事実、日本で発行されている株式投資本の多くにもそう書かれている。

「売らなければ、利益は確定しない」。

「売らないままの利益は絵に描いた餅だ」。

しかしスタンフォード大学ビジネススクールで株式投資論を教えたフィリップ・フィッシャー(1907-2004年)はそう考えなかった。

フィッシャーの教えに感銘を受け、彼の後に株式投資論の教授に就いたジャック・マクドナルド教授(1937–2018年)もフィッシャーと同じように考えた。

Jack-mcdonald

(Professor Jack McDonald; From the site of Stanford Business School)

優良な成長株に投資すれば、売るべきタイミングというのはほぼ永遠に来ない(逆にダメな株はさっさと売ってしまうべきだ)。

フィッシャーがモトローラの株式を購入したのは1955年、48歳の時だった。

当時のモトローラは警察(パトカー)やタクシー会社が利用する無線通信の分野でトップを走っていた。

フィッシャーは48歳の時に買ったこの株を、96歳で亡くなるまで50年近く保有し続けた。

その間、モトローラの資本勘定は238倍にもなった。

A、B、C、D、Eという5つの株に10万円ずつ投資したとしよう。

1年後、次のように変化するとした場合、あなたはどうするか。

A:23万円(+13万円)

B:15万円(+5万円)

C:10万円(+-ゼロ)

D:8万円(-2万円)

E:5万円(-5万円)

フィッシャーの教えを貫くならば、C、D、E の株は売ってしまい、そこで得た23万円を投じて、Aの株を買い増す。

たとえ損失を計上するようになっても、ダメな株はさっさと売ってしまい、優良な成長株を買い増すべきなのだ。

過去10年間でアップルの株価は17倍になり、アマゾンは28倍になった。

1997年に上場してからアマゾンの株価は2,000倍以上になった。

 「じゅうぶん高くなった」というのは売る理由にならない。

同様に「こんなに高くなってしまった」というのは、買いを控える理由にはならない。

96歳で亡くなるまでモトローラ株を持ち続けたフィッシャーはこう考えたのである。

* * *

さて、こうした「スタンフォード流の成長株投資術」をもう少し詳しく知りたい方は、私が寄稿した本日の日経新聞電子版記事をご覧ください。

『こちら』(←クリック)です(注:日経新聞電子版のメンバーでなくとも、登録すれば無料でご覧になれます)。

なおフィッシャーの書いた本はこちら(↓)です(クリックすればアマゾンのサイトに飛びます)。

『Common Stocks and Uncommon Profits and Other Writings』

下記の通り翻訳本も出ていますが(翻訳本の方は、私は読んでいないので何とも言えませんが)アマゾンの書評を読む限り、2冊目の方は訳の出来がイマイチかもしれません。

『株式投資で普通でない利益を得る』

『投資哲学を作り上げるー保守的な投資家ほどよく眠る』

|

« バブルの足音 | トップページ | ドルが覇権を手放す日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バブルの足音 | トップページ | ドルが覇権を手放す日 »