2020年7月 6日 (月)

東京都:都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(原案)

東京都が「都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(原案)」を策定(『こちら』)。

これに対して都民の意見を求めています(『こちら』)。

以下は、私が送った意見の抜粋です。

(1)現状認識について(新型コロナウイルス感染拡大に伴う価値観、生活様式の変化)

ほんとうにこの原案で宜しいのでしょうか。

新型コロナウイルスの感染拡大は私たちの価値観、生活様式に大きな変化をもたらしました。

にもかかわらず、令和2年5月付の本原案はこのことについて一切触れられていません。

下記(2)~(6)で述べるように、新型コロナウイルスの感染拡大によって時代は新しい局面に入っています。

「都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(原案)」もこうした変化を反映させて練り直したものであることが求められると思います。

(2)これまでのビジネスモデルが通用しなくなっている

日経新聞4月13日(夕刊)によると、新型コロナウイルス感染拡大を受け三菱マテリアルは東京本社を実質閉鎖。

東京都千代田区の本社機能を近郊の小規模オフィスに移し、必要最低限の社員しか出社できない環境をつくり上げたと言います。

日本電産の永森会長は4月21日の日経新聞で、「東京都内の会社に勤める人が山梨県に仕事部屋のある広い家を建てるケースが増えるだろう」とコメント。

毎日新聞の報道によると、インターネット広告代理会社「アド・プロモート」は今年5月、本社を東京都渋谷区の繁華街、道玄坂から栃木県小山市郊外の国道4号沿いに移転。

同社の吉田英樹社長(50)は「テレワークがこれだけ普及した今、もう東京に本社を置く利点はない。これからは栃木を拠点にやっていく」と話しています。

富士通は全国の支社やオフィススペースなどを段階的に減らし、3年後をめどに、今の5割程度に削減するとしています。富士通は国内の全社員およそ8万5,000人に対して原則、在宅勤務を推奨しており、現在もその体制を継続、オフィスを減らすことで、賃貸料などのコスト削減も見込んでいるということで、今後は、新たな人事評価制度など、オフィス外でも円滑に働けるようなシステムを順次導入していくとのことです。

テレワークがあっという間に普及し、むしろその方が効率的だと述べる企業経営者が増えているにもかかわらず、「都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(原案)」は旧来型のビジネスモデルを前提としています。

正式制定前から「都市計画区域の整備、開発及び保全の方針」は現在の時代についていけていません。時代遅れになってしまっています。

(3)満員電車モデルの終焉

なぜ多くの企業は行動様態を変えつつあるのでしょうか。

(A)効率性・生産性の向上:テレワークの比率をたとえば50%くらい(注:比率は業態で変わる)入れ込んだ方が、全員出社よりも全体としての効率性が増し、生産性が高くなる。

(B)コスト削減:都心のオフィスは家賃が高い。これを極力減らしたい。従業員への通勤手当支給もカットできる(カルビーは定期代を全社的に全廃)。

(C)有望な人材確保:企業にとっては人材がすべて。優秀な人材の確保という観点からすると、毎員電車通勤はリスクも高く、有能な人材をひきつけることが出来ない。

(D)リスク管理:ひとたび感染者が出ると、従来型モデルでは建物全部を一時閉鎖。消毒が必要になる。業務が中断してしまい、多大な損失に繋がり得る。

以上のような観点から、企業は従来型の満員電車モデルからの脱却を図ろうとしています。

(4)「中核的な拠点」、「活力とにぎわいの拠点」といった色分けの再検討

以上の諸点を勘案するに、原案が謳う「中核的な拠点」、「活力とにぎわいの拠点」といった色分け自体が再検討の対象となると考えます。

米国のニュースメディア、ブルームバーグによると、
『英銀バークレイズのジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)は4月29日、社会的距離の維持で一度に2人しかエレベーターに乗れなくなるなら、数千人が働くような本店は「過去の産物」になるかもしれないと述べた。こうした懸念は競合他行も示している』とのこと。

また欧州の金融機関のトレーダーたちの8割がロックダウン終了後も在宅勤務希望しているといいます。

米国では高層ビルのエレベーターが感染の観点から危ないと考えられているようで、5月3日付のウォール・ストリート・ジャーナルによると、
『エレベーターは問題となり得る。カリフォルニア大学サンフランシスコ校で疫学を教えるジョージ・ラザフォード(George Rutherford)教授によると、エレベーター内で人と人との距離をじゅうぶんに取ることは殆ど不可能。全員がマスクをつけるべきだし、エレベーターの壁を向いて立たないと誰か他人の息を吸ってしまう。エレベーター内のボタンも危ない』。

(5)ニューヨーク、ロンドン、パリなどの都市計画担当者との情報交換を望む

東京都におかれましては、「都市計画区域の整備、開発及び保全の方針」策定に際して、是非ともニューヨーク、ロンドン、パリなどの都市計画担当者との情報交換をして頂きたいと思います。

新型コロナウイルス感染拡大を受け、彼らがこれからの都市計画をどのように考えているのか、意見を交換し、都の計画に反映させるべきです。

そうでないと、東京だけが時代遅れの計画を策定してしまうことになりかねません。

(6)より大きな箱、より高い箱が求められる時代の終焉

建築家の隈研吾氏は次のように語っています(5月27日、日経トレンド)

「ねずみがはい回る路地裏などの不衛生な環境から脱出するため、箱を中心とした都市づくりが始まった。

それが何百年も続くうちに、より大きな箱、より高い箱が求められるようになった。

箱の中にいれば安全だと考えたが、むしろ箱の中に閉じ込められることに問題があったというのが、新型コロナウイルスから得た一番の教訓ではないか。

建築家は『人間がどう生活するのか』という社会システムをつくる仕事。箱から脱出したいと人々が思い始めることによって、オフィスや住宅などあらゆる建築が想像もしなかった形で変わっていくだろう。」

現状の「都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(原案)」も根底に流れる思想は、より大きな箱、より高い箱であるように思いますが、むしろその根幹が違っているのではないか、そうした視点からの再検討が必要であるように思います。

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

待ったなし

今朝未明からの大雨で球磨川が氾濫。

行方不明13人、心肺停止状態1人、重体1人が報じられている(4日、16時現在)。

今回の大雨も「50年に1度」とか「100年に1度」と言われているが、

すでに一昨年。

7月豪雨(西日本豪雨)では死者が260名を超えた。

昨年(令和元年)10月の台風19号、21号では、東日本の河川が氾濫。

このときも死者は100名を超えている。

目を世界に転ずると、今年に入ってからも異常気象は続いていた。

ロシア・シベリア北部のベルホヤンスク。

「世界の寒極」と呼ばれ氷点下67.8℃を記録したこともある町だ。

この町の気温が先月38.0℃まで上昇した。

シベリアの永久凍土が溶け始めると、

地下に閉じ込められていた二酸化炭素とメタンが放出される。

これらの温室効果ガスはさらなる地球温暖化と、

さらなる永久凍土の融解を引き起こす可能性があると科学者たちは懸念する。

温暖化を抑制することは、

もはや待ったなしの状況なのだ。

ここへ来てようやく日本も重い腰を上げ始めた。

日本全国には140基もの石炭火力発電所がある。

このうち発電効率の低い旧式の石炭火力発電所(全部で114基)の9割ほどを段階的に休廃止していく方向性を打ち出した。

産業界は玉石混交だ。

先進的企業は独自に温室効果ガス削減に取り組んでいて、

たとえば花王では2030年までに温室効果ガスを22%削減(2017年比)するという。

言葉だけでなく、すでに2005年比で、33%削減達成済みというのも心強い。

機関投資家が投資先企業を見る目も変わってきた。

ESG(環境、社会、企業統治)という尺度で、企業を選別しようという動きも広がっている。

儲かれば良いというスタンスだけだと、大袈裟に言うと、

地球が持たなくなる。

このESG投資だが、世界的には、馬鹿にできないサイズにまで広がっている。

残高は世界で3,400兆円。

東証一部2,170社の時価総額合計の6倍に近い。

いつまでも石炭火力に固執したり、地球環境に無関心な企業は、

世界の投資家からそっぽを向かれてしまうことになる。

なにせ、温暖化は待ったなしの状況なのだ。

ただ残念ながら・・・

世界のESG投資に占める日本の割合は未だ7%に過ぎない。

日本は企業だけではなく、投資家の方も、

従来の考え方を変えることが求められている。

Esg
 

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

学校の先生の感染が増えている?

あまり報道されていないのですが・・。

以下、一部のみ抜粋・引用。

* * *

『ここへきて、都内では学校の先生の感染が相次いでいる。

大田区では26日(先週金曜日)、区立小学校に勤務する30代男性教師の陽性が判明。

また、江東区の同じ区立小学校でも同日、2人の女性教師(ともに50代)の感染が確認された。

両区によると、発症前の行動履歴からは、3人の感染経路は分からなかったという。

一般的に教師は、大勢の児童と接触するため、人一倍感染防止に気を使っているケースが多い。

大田区は「児童と接触するので、学校の先生は感染しないように特に注意していると思いますが」(感染症対策課)と困惑気味。

江東区は「先生は十分注意しているはずなのに」(教育委員会庶務課)と頭を抱えた。

西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏(感染症学)が言う。

「意識の高い学校の先生が感染するということは、ある程度、市中感染が広がっているとみていいでしょう(以下略)」』。

* * *

子どもたちが心配(感染しても無症状の子も多い?)。

出所および全文は『こちら』です。

| | コメント (0)

2020年6月28日 (日)

東京都 vs. 大阪府

どうも良く分からないのが、東京都と大阪府の違い。

人口は、東京都 1400万人に対して、

大阪府は883万人。

つまり東京都は大阪府の1.6倍の人口。

ここで新型コロナウイルスの新規感染者数を比べてみると、

6月

24日 東京 55 大阪 2

25日 東京 48 大阪 1

26日 東京 54   大阪 2

27日 東京 57 大阪 2

28日 東京 60 大阪 5

過去5日間の平均

    東京 55   大阪 2

人口100万人当たり

    東京 3.9  大阪 0.3

東京都の発表では盛んに「夜の街」関連と言われますが、

大阪にだって夜の街はあるはず。

なぜこんなに違ってしまうのでしょうか・・。

東京に住む身としては、大阪を羨ましく思います。

何か秘訣があるのか、それとも「たまたま」なのか(検査実施件数の違いの要因はあるのかもしれません)・・。

もっともカリフォルニア州(人口4100万人)の先週金曜日の新規感染者数が5,972人(人口100万人あたり146人)に比べれば、

東京、大阪の差など大同小異ということになるのでしょうが、

それでもやはり大阪が羨ましい!

| | コメント (2)

2020年6月24日 (水)

配達の人を装うショートメールにご注意

「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。下記よりご確認ください。」

といった内容のショート・メッセージが私のケータイに届きました。

変だなと思ったのですが、

(1)発信者のケータイ番号がきちんと表示されていた

(2)1年近く前ですが、実際に配達の人に繋がり、まだ近くにいたので再配達をしてもらったことがある

ー この2つの理由で、メッセージにあったクリック先を押してしまいました(これが間違い!)。

私はiPhoneのため、これ以上、進まず、

結果、実害はなかった(たぶん)のですが、

アンドロイドの携帯だと

この段階ですでに不味いことになってしまうようです。

詳しくは『こちら』のサイトをどうぞ。

ところで私の場合、この後、送信元の電話番号に電話をかけたのですが、

普通の個人の方が電話に出て、この人も

「似たようなショート・メッセージを私も受け取りました」

とのこと。

どうやら、このような形で表示されるSMS(ショート・メッセージ)送信元の電話番号は、

同じ被害者のもののようです。

つまり同じような詐欺サイトに引っかかってしまい、

間違って不正アプリをインストールしてしまった・・。

結果、自分の電話番号が吸い上げられ、

SMS(ショート・メッセージ)送信元の電話番号として使われてしまう・・。

つまり自分の知らない間に、自分の電話番号から、

とてつもない人数の人たちにSMS(それも詐欺サイトに誘導するようなメッセージ)が送信されてしまう・・。

こういったことが、現実に起きているようです。

「発信者のケータイ番号がきちんと表示されていた」といっても

まったくあてになりません。

配達の人がショートメールで連絡してくることはない、

詐欺の可能性が高い

と思って対処するのが賢明です。

|

2020年6月20日 (土)

もしも誰かが・・

小池氏の学歴が話題になっている(『こちら』)。

もしも日本人の誰かが、スタンフォードビジネススクール卒業を勝手に名乗ったら、おそらくは日本人卒業生が黙っていないと思う。

残念ながら似たような事例が過去にあった。

彼の名誉のために言うと、その人はきちんと入学はしていた。

しかし恐らく興味がほかに移ってしまい、ビジネススクールを卒業しなかっただけだ。

それを卒業と名乗ったものだから、何人かの卒業生が直接彼に苦言を呈し、すぐに彼は改めた。

ちなみに、卒業したか、しなかったか、そんなことは、あまり重要ではないし、関係無い。

例えば早稲田大学を卒業せずに中退した人を拾ってみると(順不同に):

菊池寛、

五木寛之、

北原白秋、

石川達三、

杉原千畝、

タモリ、

大橋巨泉、

森繫久彌、

寺山修司、

高杉良、

横光利一、

堺雅人、

菅原文太、

石田純一、

古川ロッパ、

小室哲哉、

室井滋、

宇津井健、

ラサール石井、

上田晋也、

永六輔、

風間杜夫、

広末涼子、

福原愛・・・

スタンフォードのビジネススクールでも私の1年上の学年だったスティーブ・バルマーは卒業せずに中退。

マイクロソフトの30人目の従業員となり、ビル・ゲイツの次のCEOに就任。

今では、彼の退任後にマイクロソフトの株価が上がったこともあって、6兆8000億円もの個人資産を持つに至っている。

| | コメント (0)

2020年6月 9日 (火)

ハリウッドを埋め尽くした人々の波

抗議者の数は10万人にもなったと言います。

日曜日(一昨日)のデモ行進。

Hollywood1

Hollywood2

写真はいずれも Los Angeles Magazine(『こちら』)から。

なお2枚目の写真は実は動画になっていて、上記のリンク先をクリックして頂ければ動画も見れます。

記事をご覧になって頂ければ分かりますが、Black Lives Matter だけでなくて、Defund the police といったことも言われ始めています。

これは警察をなくするといった意味ではなくて、もう一度、警察のあり方を考え直そうといった意味で使われているのだとか(『こちら』)。

いずれにせよ、ソーシャル・ディスタンスなどとは言っていられない人々の怒りが写真から伝わってきます。

 

| | コメント (0)

2020年6月 2日 (火)

#BlackLivesMatter(黒人の命に尊厳を!)

SNSでクリス・ロックの動画が送られてきました。

Cr2

たった1分43秒の動画なのですが、私のところに来たもの(『こちら』)は再生回数約3百万回。

ほかにも、いろいろなルートで拡散しているようです。

黒人のアクセントを敢えて強めにして話しているようなので、分かりにくい方には、以下にエッセンスを・・。

Cr

        (クリス・ロックとクオモNY州知事)

【和訳と英文】

『警官ってのは大変な仕事なんだ。

その割にはじゅうぶんな給料をもらっていないように思える。

それで払っただけのものしか手に入らいないって訳だ。

まぁ、聞いて欲しい。こういうことなんだ。

警官が無実の黒人を撃ち殺すたびに、いつもこういうことが言われる。

「これは大多数の警官とは違う。

悪いのは一部の警官、つまり一部の腐ったリンゴだ」

 " I mean being a cop's a hard job.

I mean, honestly, I don’t think they pay cops enough.

And you get what you pay for.

Here’s the thing, man.

Whenever the cops gun down an innocent black man,

they always say the same thing:

'Well, it’s not most cops. It’s just a few bad apples. It’s just a few bad apples.'

腐ったリンゴだって?

何という素敵な言葉なんだ、殺人者のことを言う言葉なんだぜ。

これはほとんどナイスに聞こえる言葉だ。

俺も腐ったリンゴを食ったことがある。

酸っぱかった。

だからと言って、むせて窒息するようなことはなかったよ。

Bad apple?

That’s a lovely name for murderer.

That almost sounds nice.

I’ve had a bad apple.

It was tart, but it didn’t choke me out.

つまり、こういうことなんだ。

ちょっとだけ聞いて欲しい。

そりゃあ確かに警官の仕事はたいへんだ。

危険な仕事であることは分かる。

そういったことは分かっているんだ。

だけど、いいかい?

仕事によっては腐ったリンゴがいては困るんだ。

Here’s the thing.

Here’s the thing.

I know being a cop is hard.

I know that shit’s dangerous.

I know it is, okay?

But some jobs can’t have bad apples.

仕事によっては全員が良くなければダメなんだ。腐ったリンゴがいてはダメなんだよ。

たとえば飛行機のパイロット!

アメリカン・エアラインがこう言ったとしたらどうだろう、そんなこと言える訳ないんだけど。

「我々の飛行機ではほとんどのパイロットはきちんと着陸するのが好きです。

僅かながら腐ったリンゴのようなパイロットがいて、彼らは飛行機を山に墜落させるのが好きなだけです。

だからお客様、ちょっとだけ我慢してください」って!

Some jobs, everybody gotta be good. Like … pilots.

Ya know, American Airlines can’t be like,

'Most of our pilots like to land.

We just got a few bad apples that like to crash into mountains.

Please bear with us.'"

YouTubeでご覧になりたい方は『こちら』をどうぞ。

たった1分43秒です。

#BlackLivesMatter 

| | コメント (0)

2020年5月31日 (日)

死者ゼロのベトナム

昨日のグラフからベトナムが抜け落ちていました。

実はベトナムの新型コロナウイルス関連死者数はゼロなのです。

感染者は328人が確認されています(ジョンズ・ホプキンズ大学)。

人口1億人弱(正確には97百万人)のベトナムでなぜ死者ゼロをキープできているのか。

海外メディアでも注目されていて、下記のワールド・エコノミック・フォーラム(毎年ダボスで会議を開催)の記事(『こちら』)によると、

大きな理由として2つ挙げられています。

(1)迅速な検査(rapid testing)

(2)積極的なコンタクト・トレーシング(aggressive contact tracing)

そもそもアジア、オセアニアに新型コロナウイルス関連死者数が他地域に比して少ない理由として、

イェール大学のAkiko Iwasaki教授とNathan Grubaugh助教授の論文(これは日本が少ない理由を考察したもの)を昨日紹介しました(『こちら』)が、

そのうちの第2~第4の要因のエッセンスを以下に和訳すると:

(2)すでに新型コロナウイルスの弱い形のものに晒されていた可能性(were exposed to a milder version of SARS‐CoV‐2 that conferred herd immunity)

(注)これは東大の児玉龍彦教授の考えに共通するもの(教授のYouTube(『こちら』)を参照。なおYouTubeの画面の一部を下記にスクリーンショットします)。

Kodama

(3)原因ウイルスがヒト細胞に侵入する際に結合すると考えられるヒト細胞側のタンパク質「ACE2」の気道における発現が何らかの理由で低く、結果としてウイルスに対する感受性を減らしていた可能性(have reduced susceptibility due to ACE2 receptor expression)

(4)新型コロナウイルスに対して免疫耐性を与える明確なヒト白血球型抗原を有していた可能性(have distinct HLA that confers immune resistance to CoV2)

* * *

いずれにせよ、すべてが仮説であり、今後の研究を待たなければなりません。

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

日本モデル

25日の首相会見。

『日本ならではのやり方で、わずか1か月半で、今回の流行をほぼ収束させることができました。正に、日本モデルの力を示したと思います』(『こちら』)。

これが海外でどう報じられたかというと、例えばウォールストリート・ジャーナル紙は、

『‘We have showed the power of the Japanese model’ in slowing infections, Prime Minister Abe says』(『こちら』)。

(我々は感染の速度を遅くさせるということにおいて、日本モデルの力を(世界に)示したーこう安倍首相は述べています)。

これを読んで海外の知人からは早速問い合わせが・・。

『日本モデルっていったい何だ?』

* * *

AFP通信(フランス通信社)の Karyn Nishimura-Poupée 記者(『こちら』)は、

ツイッターで、

『過剰反応と言われるかもしれないけど、「日本のモデルの力を示した」と安倍総理が自慢発言した際に、私はショックを受けた。

こんな言い方だと母国であるフランスも含めて海外では死者が多くて失敗した原因は「日本のモデル」と違う対策だったから、という風に理解してしまう』

と発言(『こちら』)。

* * *

それに、そもそも日本モデルと自画自賛するほど優秀なのでしょうか。

たしかに欧米諸国に比べると人口100万人当たりの死者数は日本は桁違いに少ないのですが、

他のアジア諸国、オセアニア諸国と比べると、14ヵ国(地域)中、13位。

要は、ビリから2番目なのです(下図はクリックすると大きくなります)。

Photo_20200530182801

なおこの図のデータの出所は人口についてはWorldometerほかから。新型コロナウイルスの死者数は日本時間5月30日18時現在のJohns Hopkins 大学のデータ。香港の死者数は同大学では載せていませんので、Worldometer 並びに現地メディアで報じられている数字を使いました。

グラフの基になった具体的数字は以下のエクセルでご覧いただけます。

ダウンロード - e4babae58fa3100e4b887e4babae5bd93e3819fe3828ae381aee6adbbe880851.xlsx

もしも日本が台湾と同じように感染拡大をコントロール出来、人口100万人あたりの死者数を台湾並みに抑えることが出来たとしたならば、

日本の死者数は 887人ではなくて、たったの 37人のはずでした。

台湾並みに出来なくて850名もの人が死んでしまったと見ることも出来ます(志村けんさんや岡江久美子さんも、ひょっとしたら助かっていたかもしれません)。

我々は他のアジア・オセアニア諸国に比べると、むしろ劣等生であることを自覚し、より一層の感染対策、医療体制拡充に努めなくてはなりません。

もちろん、日本を含むアジア・オセアニア諸国が、欧米諸国よりも死者数が格段に少ないことも事実で、これに関する研究も新型コロナウイルスの正体を知る上で重要でしょう。

その要因を山中伸弥教授は「ファクターX」として、7つの候補をあげています(『こちら』)。

1ヶ月ほど前ですが、イェール大学のAkiko Iwasaki教授とNathan Grubaugh助教授が論文を発表。

5つの可能性を指摘しています(詳しくは英語になりますが『こちら』)。

なおフィリピンに住む日本人A氏は、アジア・オセアニア諸国の中で、フィリピンの死者数が多い理由の一つとして、

『フィリピン人にはスペイン人の遺伝子がかなり混じっている点も影響しているのではないか』

とコメントしていましたが、遺伝子説だけでは、ニュージーランド、オーストラリアの人口100万人当たりの死者数が英国の「170分の1」であることの理由が分からず、謎は深まるばかりです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧