2018年3月 5日 (月)

2018アカデミー賞は、シェイプ・オブ・ウォーター

Best Picture: The Shape of Water

Best Actress: Frances McDormand

Best Actor: Gary Oldman

Best Director: Guillermo Del Toro

Best Supporting Actress: Allison Janney

Best Supporting Actor: Sam Rockwell

| | コメント (0)

2018年1月21日 (日)

テスラの革新性

街でテスラを見かけると「格好いい」と思ったものです。

電気自動車なので、排気ガス放出に必要なexhaust pipes(排気管)やマフラーがなく、すっきりとした後姿が印象的。

そのテスラが「35,000ドル(約4百万円)で買える!」と発表されたのが、約2年前。

2016年3月のことです。

「モデル3」という名の車種なのですが、1,000万円前後の「モデルS」などと違って入手しやすく、一気に人気を呼びました。

私の知人のなかにも、1,000ドルのデポジット(預託金)を払って予約した人がいました(『こちら』)。

当時から発売開始は2017年末以降とされていたのですが、どうやら日本での納車は今年中には無理(右ハンドル車の場合)で、2019年以降になるとのこと(『こちら』)。

問題は、その間に世界がどんどんと進んでいってしまっているということです。

テスラの革新性は(1)電気自動車と(2)自動運転に近い機能の2つが合わさっていることにあったのだと思うのですが、日、米、欧、そして中国のメーカーが相次いで電気自動車を発表、ないしは発売開始。

自動運転に近い機能についてもすでに新しいアウディのA8はレベル3の機能を持っています。

さらにGMが来年発売する小型電気自動車は車内にハンドルやペダルがないタイプ。

Gm_4

     (写真はGMのサイト(『こちら』)から拝借しました)

革新性の点で、GMがテスラを抜くのは時間の問題・・・こう考えるのは私だけでしょうか。

Navigant Researchによる最新のAutonomous Driving Leaderboardによると、自動運転におけるリーダーシップの観点で、すでにGMがトップに立っているとのこと(『こちら』)。

GM 恐るべし!

現在テスラの時価総額は588億ドル。

GM(613億ドル)の96%のレベルにあるのですが・・・。

| | コメント (0)

2018年1月 7日 (日)

BBCが報じたソリを楽しむ犬

なんかとっても楽しそうです。

38秒の動画です。

『こちら』(←)をクリックしてみてください。

動画が始まります。

Bbc

| | コメント (0)

2017年8月 5日 (土)

先進性、革新性

合理的に考えるのであれば、都心で車を持つのは経済的にペイしないことの方が多いように思います。

地下鉄に乗るとか、タクシーを使うとか、遠出をするときにはレンタカーを使えば、車を

①買うコスト、

②保有するコスト(保険、車庫)、

③使うコスト(修理、定期点検、燃料)

をかけずに済みますし、諸々の税金もかかりません。

にもかかわらず、人々が車を買うのは、利便性のみならず、プラス・アルファーの何かを求めているからではないでしょうか。

電気自動車についても合理的に考えて経済性を評価すれば、「あり得ない選択だ」という人が少なくありません。

ガソリン代がかからないからといって、車の値段が高ければ、なかなかその分の追加コストを回収出来ないという論法です。

しかしテスラの場合は、

「電気自動車」 vs. 「ガソリン車」

という構図ではなくて、どうやら

「電気+自動運転車」 vs. 「ガソリン車」

という構図とすることに成功しているように思います。

つまり「電気+自動運転車」と位置付けることで、

テスラ車は「先進性・革新性」を具現しようとしているのです(別に私はテスラの回し者ではなく、テスラ車を所有している訳でもありません)。

電気自動車と自動運転車が一つの車に融合されることで、テスラを運転することが格好いいと映る・・。

そういった消費者心理を見誤ってしまうと、テスラを過小評価することに繋がってしまうような気がします。

なお1回の充電で航続可能な距離は今ではずいぶんと伸びていて、テスラ(モデルS)の場合、約600キロ(正確には572キロ)。

また、テスラの自動運転はかなりの優れもので、ストップサインなども見分けられるようになります(今後のversion)。

『こちら』の頁の最初の動画(約2分)を見て頂くと、それがどんなものか実感できます。

普及版の「モデル3」(航続距離345キロ)は米国で385万円(1ドル=110円)。いよいよ量産が始まりました。

| | コメント (0)

2017年5月17日 (水)

同窓会

先週土曜日に東京・新宿の維新號で高校時代の同窓会が開かれました。

私はAFSで留学したため、高校入学時は早稲田大学高等学院のD組でしたが、3年の1学期を終えたところで渡米。

1年間の留学後は、1年下の学年に編入し(今度のクラスはF組)、そこで3年の残りの学期を終えて卒業しました。

このため高校の同窓会というと、私には2つの種類があるのですが、今回の同窓会はD組の方。

写真はこのときの同窓会の模様。

クラスメートの写真を無断でネットにアップすることは出来ないので、写真は顔が判別できないほど小さく縮小するとか、カットするなどして加工しています。

上の写真では後列の一番右(黒のジャケット)が私です。

24_2_3

24_4_30  

48名のうち24名が出席。

ちょうど50%の出席率でした。 

| | コメント (0)

2017年4月 5日 (水)

再起動

今朝は久しぶりに皇居1周(5キロ)を走りました。

1年ほど前に体調を崩してから、運動から遠ざかり気味でした。

ですから本当に1年ぶり位になる皇居ラン。

快適でした(花見客でけっこう混んでいるところもありましたが・・)。

    Watch

    (The Photo is from Apple's Website)

Apple Watch 2 をつけて、Bluetoothでワイヤレス・イヤホンに無線で接続させ、音楽を聴きながらのランニング。

ところで、ワイヤレス・リモコンもいろいろな種類のものが出ていて、どれを購入すべきか迷うところ。

大きく分けて、音質を優先するか、フィット感を大事に考えるか・・・。

私は半年ほど前に(フィット感重視で) SoundPEATSのQ9A を入手、今回はこれをつけて走りました。

1年ほど前までは、走るときには「iPhone とコード付きイヤホン」という組み合わせでした。

今回は、「Watch と コードレス・イヤホン」という組み合わせになったのですが、この方が、iPhone を身につける必要もなく、またコードが邪魔になることもなくて、快適。

Watch 2 の Nikeモデルはバンドのフィット感もよく、5キロ走ってみて、やはりこれは(Suicaなどいろいろな機能が内蔵されているのですが)、本質的にはスポーツウォッチなんだと、あたりまえのことを改めて実感。

なんだかアップルの宣伝みたいになってしまいましたが、久しぶりに走れて嬉しかったです。

| | コメント (0)

2017年1月 1日 (日)

元旦の朝

Mt_fuji_2

都内を走るクルマがぐんと減って空気が綺麗になり、富士山が見えるようになりました。

| | コメント (0)

2016年10月30日 (日)

クルマを運転して移動するのが好きな人たち

少し前の話ですが、ミュンヘンのA社を訪問した時のことです。

事前にアムステルダムに立ち寄って、B氏と打ち合わせ。

そしてB氏と一緒にいよいよこれからミュンヘンへ向かおうという時。

私はてっきり空港に行って、そこから飛行機でと、勝手に思い込んでいたのですが、B氏が運転するポルシェは高速道路をそのまま一路ミュンヘンへ。

距離にして約820 km。日本でいえば東京から広島へといった感じですが、この程度の距離をクルマで行くのは欧州ではそれほど珍しくはないようです。

ちなみにドイツのアウトバーンでは制限速度のない区間もあり、なかには時速300キロを超える速度で走行するクルマもあると言います。

B氏が運転するポルシェも結構なスピードだったのですが・・。

日本なら飛行機や新幹線で行くところも、このように車に乗って高速道路で移動する・・。

欧州、とくにドイツではクルマを運転して移動するのが好きな人たちが多いように思われます。

事実、ドイツでの車1台あたりの年間走行距離は、14,259 km。 これに対して日本は、10,575 km (『こちら』)。

そういった国民性やクルマの使われ方の差によるのかもしれませんが、日本のハイブリットカーは残念ながら欧州ではあまり見かけません。

2014年にPHV(プラグイン・ハイブリット)のコンセプトカー「アステリオン」を発表したランボルギニでさえ、

『PHVは、現状では重量が増加して、動力性能の低下につながる』(ドメニカリCEO)

と市販化に否定的なニュアンス。

   Asterion

        (アステリオン)

しかし欧米メーカーといえども、いつまでもガソリン車やディーゼル車に頼り続けるわけにはいきません。

米国カリフォルニア州だけでなく欧州でも環境規制(燃費規制)がこれからいっそう厳しくなるからです。

そんな中で注目されるのは、今年のパリ自動車ショーでも明らかになったように、EV車(電気自動車)です。

EVもPHVのようにバッテリーが重いという問題を抱えていますが、たとえばテスラモデルS P100D。

このクルマは重いバッテリーをものともしない動力性能を達成しています。

最高速度は250キロ。

0−100 km/h加速タイムは2.7秒。

これはフェラーリ488GTB(3.0秒)を軽く凌駕します。

しかもフェラーリとは違って、4ドアで大人5名+子ども2名が乗れるとのこと(『こちら』)。

テスラモデルS P100Dはすでに8月24日に発売開始となっています。

気になる航続距離も 613 km(『こちら』)。

   P100d_4

        (テスラモデルS P100D)

もちろん航続距離 613 kmであったとしても、アムステルダムからミュンヘンに行くには途中1回充電する必要が生じてしまうのですが・・。

欧州のメーカーはどうでしょう。

メルセデスはジェネレーションEQを発表。

    Generation_2

       (ジェネレーションEQ)

EQは、メルセデスがEV(電気自動車)用に立ち上げた新ブランドで、コンセプトカーのジェネレーションEQは、0-100 km/h加速タイムが4秒台。

航続距離は最長500km。

一方、フォルクスワーゲンは次世代EVコンセプトカー「I.D.」を発表。2020年発売予定で1回の充電で、およそ400-600km走行できると言います。

     Vw 

        (フォルクスワーゲン I.D.)

コンセプトカーではなくて、すでに量産開始、今年の年末までに納車されるのは米国GMの電気自動車ボルト。

0-60マイル(約100 km)/h加速タイムは7.5秒。

Volt_2

         (GM ボルト)

航続距離は最長383km。

価格は37,000ドル(約380万円)。詳しくは『こちら』

アムステルダムで会ったB氏のように、クルマを運転して移動するのが好きな人たちにとっても、EVの持つ巨大パワー&トルクは魅力的。

「日本が得意とするPHVは?」

と聞くと、

「新型のPHVプリウスでも、EV走行での最高速は135km/hで、EV航続距離は60km超。アウトバーンで移動するには結局はガソリンモードで、ということになってしまうのではないか」

との感想。

走りを楽しむ欧州の人にとっては、ガソリン、ディーゼルの次は一気にEVに、ということになっていくような気がします。

| | コメント (0)

2016年8月28日 (日)

シン・ゴジラ

とにかく大変な人気のようです。

私は昨日(土曜日)の夕方に、「明日は映画でも見に行こう」と、事前の予約を試みたのですが・・・。

     Photo

六本木ヒルズの映画館では、「スクリーン2、7、8」と、3つの箇所で「シン・ゴジラ」をやっていました。

第一希望で予約を考えたのが「スクリーン8」です。

これはシートが動いたり振動が伝わったりするMX4Dのスクリーンなのですが、日曜日はすべての時間帯で完全に予約済みのため諦めました。

第二希望の「スクリーン7」。

ここは大きな画面で楽しめるのですが、こちらもどの時間帯もかなりの席が埋まっていて、映画館の端の席から見るような厳しい状況。で、これもパス。

やや小さめ(といっても353席あるんですが)の「スクリーン2」で、本日(日曜日)朝9時から上映開始の時間帯で席を確保することができました。

映画のほうはネタバレになってしまいますのであまり書けませんが、面白かったです(一つだけネタバレを覚悟して言うと、最初にゴジラが登場したときの顔つきというか風貌が想像していたものと全く違っていて、ちょっとびっくりと言うか、やや滑稽に思えました。私が小学生の時に見た大昔のゴジラをこれで思い出したような感じになりました)。

2年ほど前にハリウッドが作ったゴジラも渡辺謙さんが見事に演じていて、それなりに楽しめたのですが、個人的にはハリウッド版(製作費160億円と言われる)よりも、今回の作品(製作費はハリウッドの10分の1といった数字がネットで語られている)の方が面白かったと思いました。

ただシン・ゴジラの面白さは、おそらくは日本人にしか分からないところが多々あって、ハリウッド映画のように海外でも収益を上げることが簡単には出来ないかもしれません。

俳優の中では市川実日子さんが味があってよかったと思いました。

| | コメント (0)

2016年8月19日 (金)

キオクノシルシ

先日、Slow Motion Replay の石橋卓也さんからメールを頂きました。

Slow Motion Replay についてはかつてこのブログでも紹介させて頂いたことがあります(『こちら』)。

   Smr

    (Slow Motion Replay のメンバー;中央が石橋さん)

       Smr2_2

       (Slow Motion Replay のデビューアルバム『Heavy Duty』

さて石橋さんからのメールです。

『僕自身3枚目のCDが発売されました。  

今回は、「高橋飛夢」君というシンガーソングライターをプロデュースという形で世に出ます。 

年齢層を問わないとても良いアルバムが完成いたしました。 

70年代80年代の音楽を現在の音楽性に昇華したような内容になっています』

どのような経緯でシンガーソングライターの高橋飛夢さんをプロデュースするに至ったのか。

高橋さん自身がインタビューで答えています(『こちら』)。

『僕が渋谷の青山蜂でライブをした時に、Slow Motion Replayの石橋さんに声をかけて頂いたのがきっかけだったんです。

そこから箭内健一さんを紹介してもらいここまでこられました。

とても嬉しいです』

確かに高橋さんの歌声を聴くと一緒に仕事がしてみたいと思うようになるかもしれません。

ということで、Slow Motion Replay プロデュースによる高橋飛夢のデビュー・ミニ・アルバム『キオクノシルシ』

       Photo_2

『こちら』 のアマゾンの頁で収録されている8曲を試聴することが出来ます。

Sound Cloud の石橋さんのページで聴くことも出来ます(『こちら』 です)。

『百聞は一見にしかず』ならぬ『百読は一聴にしかず』といったところでしょうか。

よろしかったら試聴してみてください。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧