« キャピタルゲイン課税 | トップページ | 決算発表後のGAFAM »

2021年4月29日 (木)

GAFAM1-3月期決算

先陣を切ったのはグーグル(アルファベット)とマイクロソフト。

27日(日本時間28日の朝)に発表しました。

グーグルは純利益が前年同月比2.6倍。

ネット広告の売上高は447億ドル。うちユーチューブの広告が60億ドルと全体の13%を占めました(『こちら』)。

グーグルの業績は市場予想をかなり上回り、株価は史上最高値をつけました。

マイクロソフトの決算は、純利益が前年同期比44%増(『こちら』)。

市場予想を上回ったのですが、この程度では市場は満足せずに株価は若干下落。

さて、第2陣はアップルとフェイスブック。

28日(日本時間29日の朝)に発表がありました。

アップルは純利益が前年同期比2.1倍(『こちら』)。

どのプロダクト・セグメントでも増収を果たしています。

ちなみに売上構成は

iPhoneが54%

Macが10%

iPadが9%

アップルウォッチその他が9%

サービスが19%。

市場予想をかなり上回り、after market で株価は4%ほど上昇しています。

フェイスブックは純利益が前年同期比1.9倍(『こちら』)。

こちらも市場予測をかなり上回り、株価は after market で5%以上も上昇。

グーグル同様、史上最高値を更新しています。

さてGAFAMの残る1社はアマゾン。

こちらは 29日(日本時間30日の朝)に発表となります。

AWS(クラウド事業)の伸びはどうか、CEOの変更(今年後半)は業績にどう影響しうるのか、などなど

気になるところが多いのですが、さて・・。

|

« キャピタルゲイン課税 | トップページ | 決算発表後のGAFAM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キャピタルゲイン課税 | トップページ | 決算発表後のGAFAM »