« 電子の目 | トップページ | キャピタルゲイン課税 »

2021年4月16日 (金)

10年後を考える

2つの表があります。

最初の表は、約10年前の世界時価総額トップ10社。

2010

次に現在の世界時価総額トップ10社。

2021

気がつくことが2つあります。

(1)10年前のトップ10社のうち、現在もトップ10社の表に残っているのは2社だけ。

(2)トップ10社のハードルが凄く高くなった。10年前は、204(十億ドル)でリストに入れた(ネスレ)が、現在の最低ラインは588(十億ドル)。ナンバー1に関していうと、10年前の369(十億ドル)から現在の2,051(十億ドル)へと5.6倍になっている。

10年前、エクソンモービル(当時のナンバー1)といえば盤石に見えたのですが、現在は35位。

これから先、10年、このリストはどう変化しているのでしょうか。

そんなことを考えながら、本日の記事(『こちら』)を書きました。

紙で読みたい方は、明後日に発売の日経ヴェリタスでどうぞ。

|

« 電子の目 | トップページ | キャピタルゲイン課税 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電子の目 | トップページ | キャピタルゲイン課税 »