« 「大波が来たら船の真正面からぶつかっていけ」 | トップページ | QQQ と VGT »

2023年4月 1日 (土)

ナスダック総合指数

ナスダック総合指数とは、ナスダック市場に上場しているすべての銘柄約3,000を対象とし、時価総額加重平均で算出したもの。

アップル、マイクロソフト、グーグル、アマゾン、テスラ、エヌビディアの6社で全体の38.5%を占めます(昨年12月末現在、『こちら』)。

ナスダック総合指数は、21年11月19日に、16,057を付けました(これが最高値)。

その後、下落のトレンドを続け、昨年10月14日には、ピーク時の64%に当たる10,321を記録。

現在は、12,221ですので、漸くピーク時比、76%にまで戻してきました。

Photo_20230401212701

理由はいくつかありますが、

1)SVBの破綻などで金融機関全般の経営危機が懸念されたが、連鎖はさほどでもなかった

2)3月31日発表の2月のPCE(個人消費支出)の物価指数はコアで前月比+0.3%。市場予想を下回り、かつ1月の+0.5%も下回った

3)チャットGPTなどAIの分野で大きな動きが出てきた

といったところでしょうか。

ナスダック総合指数は昨年8月15日にはいったん盛り返し、13,128(ピーク時の82%)を付けました。

このため市場では当面の目標として昨年8月のレベルに到達できるかどうかが意識されていますが、さて。

|

« 「大波が来たら船の真正面からぶつかっていけ」 | トップページ | QQQ と VGT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「大波が来たら船の真正面からぶつかっていけ」 | トップページ | QQQ と VGT »